人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年12月20日

【ウインターカップ 2020 男子展望】3連覇を目指す福岡第一が本命も、1回戦から好カード満載

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
福岡第一 河村勇輝(写真:右)

前回大会で優勝を成し遂げた福岡第一 河村勇輝選手(写真:右)

男子は3連覇を狙う福岡第一が本命だ。河村勇輝と小川麻斗の強力なガードコンビ、攻防両面でインサイドを支えたクベマ・ジョセフ・スティーブが卒業。しかし、新司令塔となったハーパージャン・ローレンス・ジュニアとビッグマンのキエキエ・トピー・アリを軸に、今年も持ち味の厳しいディフェンスから速い展開のオフェンスで圧倒するスタイルが見られるに違いない。

福岡第一は天皇杯で京都産業大を3Qでの2ケタ得点差を逆転して破り、B3のアイシンAWアレイオンズ安城を試合終盤まで苦しめる戦いを見せた。ウィンターカップ前に高いレベルの試合を経験してきたことは、他のチームにないアドバンテージと言っていい。

福岡第一が入ったトーナメント表の右ブロックには、仙台大附明成がシード校として入っている。シューター力を武器に得点を稼げる山崎一渉、大型ポイントガードとして期待度が大きい菅野ブルースら、今後が楽しみな190cm以上の選手を数多く揃える。3回戦で開志国際か延岡学園という留学生を擁するチームを突破できれば、準々決勝で福岡第一との対戦が実現すると見ている。

右ブロックに関しては、上に入った16チームの実力が拮抗しており、どこが準決勝まで勝ち上がっても不思議ではない。しかし、下の16チームから勝ち上がることが濃厚なこの2校のいずれかが、決勝まで勝ち上がると予想する。

昨年の福岡対決の決勝で惜敗した福岡大附大濠は、予選でも3Q途中で同点の展開に持ち込みながらも、その後攻防両面で圧倒されて福岡第一に敗れた。昨年の決勝で10点を記録した司令塔の平松克樹、シューターとして期待される西田陽成の3年生を筆頭に昨年と予選の雪辱に燃えているが、それを実現するための道のりは険しい。福岡大附大濠が入った左ブロック下には、強力な留学生と素晴らしい司令塔を擁する東山と報徳学園がいるのだ。

東山は京都府予選で洛南に敗れたことで、チームの現状を知る意味でいい目覚ましとなった。ムトンボ・ジャン・ピエールは長い腕を武器に、ペイント内で簡単に得点させないということでの存在感が強烈。巧みなボールハンドリングと視野の広さが持ち味の米須玲音がオフェンスをしっかり組み立てる展開に持ち込めれるかが成功へのカギになる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ