人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月29日

河村勇輝(福岡第一):2年前の敗戦を糧に成長し、高い目標設定を掲げて意識も変化した3年間

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
河村勇輝(福岡第一)

「これまでの人生で一番屈辱的な日だったかなと思います。1年生のころでしたけど、今の3年生になってもずっと後悔というか、その負けを意識してきましたし、その負けがなければ今の自分はないかなと思います」

2年前の準決勝、福岡第一は福岡大附大濠に58対61で競り負けた。1年生ながら先発ポイントガードとして起用されていた河村勇輝は、一人で敗戦を背負っていた。敗戦後に号泣し、ホテルに戻ってからも試合のことが頭から消えず、自信喪失寸前のところまで落ち込んでしまう。

J SPORTS 放送・配信情報

しかし、先輩たちの激励とこのままで終わるわけにはいけないという強い思いが、河村を変えた。練習への取り組みがよりハードになり、司令塔としてゲームの理解度をもっと高めたいという意識を持つようになる。さらに、アンダー16と18の日本代表に選ばれて国際試合の経験を積んだことは、高さへの対応という点でプラス。それは、宿敵である福岡大附属大濠とのウインターカップ決勝でも、190cmの田邉太一にフェイスガードされても「何回もそういう場面もありましたし、あまり焦りはなかったです」という言葉どおり、高さと腕の長さを生かそうとしたディフェンスにも落ち着いたゲームメイクをしていたことでも明らか。井手口孝コーチは次のように振り返る。

「田邉君がついていることよりも、次のヘルプを考えながらプレーしていましたね。胎内カップの東山戦で(周りのヘルプに)やられたらしいとあいつらが言っていましたので、その練習はちょっとやっていたから、田邉君のディフェンスよりも周りを意識していましたね。大きいほうが抜きやすいと思いますよね。(シュートを)打つことだけ考えると、なかなか難しいですけど」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ