人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月26日

脇真大(岡山商科大附属):納谷コーチの下でプレーし、ウインターカップで2勝できたことで悔いはなし

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
脇真大(岡山商科大附属)

報徳学園との一戦を81対113の大敗に終わった後、納谷幸二コーチの第一声は「力の差が出たのかな」だった。しかし、チームの大黒柱である脇真大は、佐賀東戦の46点、日本航空戦の36点に続き、33点と奮闘。FGは25本中10本成功と確率はいまひとつだったが、アグレッシブにドライブした結果17本のフリースローをもらって13本決めていた。

岡山商科大附は昨年、初めてウインターカップの舞台に立った。しかし、初戦となった2回戦で前橋育英に76対98で完敗。「去年の負けはすごく悔しかったんですけど、一つ自信になりました」と語った脇を軸に、納谷コーチの指導の下で全国大会に勝てるチームになろうとハードワークを続け、インターハイで初戦突破を成し遂げた。

ウインターカップで2勝しての3回戦進出は、岡山商科大附にとって新たな歴史を作ったことを意味する。脇はエースとして目標だったベスト8進出を果たせなかった悔しさを感じながらも、「去年の初戦で負けたのを3回戦まで来られたのは、自分たちの成長だと思っているので、そこはいいかなと思います」と振り返った。

身長191cmで今も背が伸びているという脇は、「高校時代に追い込んだトレーニングをほどほどくらいしかやらせなかったんです」と納谷コーチが話したように、これからが体作りの本番。しかし、非凡な身体能力とスキルを武器にドライブから得点機会をクリエイトできるのが魅力であり、アンダーカテゴリー代表での経験を糧に、大型ポイントガードとして活躍することを目指している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ