人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月17日

ウインターカップ男子プレビュー:2連覇を狙う福岡第一が本命も、大会序盤で好カード目白押し

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
福岡第一 河村勇輝

インターハイを圧倒的な強さで制し、天皇杯でも千葉ジェッツ相手に持ち味を何度も発揮した福岡第一。司令塔の河村勇輝を軸に、厳しいディフェンスからトランジションゲームを展開して連続得点を奪える爆発力は、高校レベルで止めるのがなかなか難しい。

クイックネス、視野の広さ、バスケットボールセンスがいずれも抜群の河村は、相手のディフェンスが嫌がる部分を攻防両面で突くことができる。身長の低さを武器にする術を身につけており、自ら得点を狙う時とチームメイトを生かす時のバランスもいい。千葉に敗れた後「悔しい」と真っ先に口にするなど、勝利に対して非常に貪欲な河村のリーダーシップは、福岡第一の強みとも言える。

河村とガードコンビを組む小川麻斗はシュート力が素晴らしいだけでなく、プレーメーカーとしても存在感を発揮できる。センターのクベマジョセフ・スティーブは速攻でしっかり走ってフィニッシュできるだけでなく、長い腕を武器にしたブロックショットなど、ペイント内のディフェンスで大きく貢献できる。内尾聡理、神田壮一郎、仲田泰利は計算できる戦力へと成長していることに加え、控えガードの山田真史が3Pシュートで当たり出すと、福岡第一をスローダウンさせるのは難しい。

唯一の懸念材料をあげるならば、4Q終盤まで僅差の試合をあまり経験していないことだろう。このような試合になった場合、トランジションで得点を奪うことは難しくなり、テンポが遅くなるハーフコートのゲームが必然的に多くなる。インターハイで苦戦した東山には、胎内カップで対戦した際に59対76で敗戦。「胎内カップで負けて、その時にいい負けにしようと話した」と小川が語るように、準決勝で東山と対戦することになれば、この経験を生かす絶好の機会になるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ