人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月13日

【高校バスケ ウインターカップ2019】報徳学園:2年生中心のチームでインターハイベスト4。打倒東山を実現し、福岡第一に挑戦するチャンスを手にするためのチーム作りが進行中

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
報徳学園

昨年のウインターカップ、報徳学園はインターハイで敗れた桐光学園にリベンジしてのベスト8進出。今年のインターハイでは2回戦で桜丘を破って勢いに乗り、ベスト4まで勝ち上がった。コンゴロー・デイビッドという208cmの身長とフィジカルの強さを武器にできる留学生がいるとはいえ、ゲームメイクのうまい司令塔の宇都宮陸、190cmのシューター丸山賢人と構成するビッグ3が強み。決してデイビッドのワンマンチームではない。田中敬コーチはこう語る。

「やっていて手応えはあるかなと思います。それでもやはり、言い方難しいですけど、そこに行くまでに運とかも大きかったと思うのです。僕的には本当にここが勝負というところのゲームをまだ勝ち切れていないので、確かに去年で言ったら夏は16(3回戦)で桐光にやられて、ウィンターでリベンジして8(準々決勝)に行っているんですけど、一つ上のところの勝負でのゲームではまだ思ったように行っていない。今回のウィンターカップではそこの部分を脱したいなというのがあります」

J SPORTS 放送情報

インターハイでベスト4になったことにより、報徳学園はウインターカップでシード校になった。初戦が前橋育英と別府溝部学園のいずれかと対戦することになるが、ここを勝ち抜けば田中コーチが話した”ここが勝負”というゲーム、準々決勝で東山と福岡第一に挑戦する権利をかけた戦いが待ち構えている。このビッグゲームをモノにするためには、デイビッド、宇都宮、丸山の2年生トリオの活躍が欠かせない。

「本人たちがどう感じているかわからないですけど、去年も3年生がいてのフレッシュな1年生。今は3年生がいての2年生。次は嫌でも学年が上がって自分たちのチームになっていかなければいけない。そこの精神的な部分や技術的な部分もありますけど、柱への成長を一人一人がもっとやってもらいたいと思います」と、田中コーチの彼らに対する期待は非常に大きい。大黒柱のデイビッドは、高い意識を持って日々を過ごしている。

「自分たちは将来プロ選手になりたい。高校生でも自分からがんばらなければいけないし、練習もあまり休まずにやっています。今年はグループの相手チームがみんな強いと思うけど、このチームは頑張れる。メインコートでも勝てると思います。去年メインコートは初めてだったから、緊張がありました。今年は頑張ります」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ