人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月27日

【ウインターカップ2018 コラム】東海大諏訪、キーマン封じが続かず8強敗退 来季巻き返しへ

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line
東海大諏訪 No.10 高原伊吹

東海大諏訪 No.10 高原伊吹

彼らを止めるには、どうしたらいいのか。向かうところ敵なしの福岡第一(福岡)に、東海大諏訪(長野)が策を練って挑んだが、及ばなかった。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、男子は4強が出そろった。最も勢いのある勝ち上がりを見せているのが、福岡第一だ。U-18日本代表の松崎裕樹(3年)と河村勇輝(2年)に加えて長身留学生も躍動している。最初の挑戦者となった東山(京都)、3回戦で立ち向かった飛龍(静岡)は、ともに力のあるチームだが、それでも完敗を喫した。3チーム目の刺客となった東海大諏訪も、63-86で敗れた。

インターハイ4強の東海大諏訪は、相手の松崎と河村に密着マークで対抗。前半は離されずに食らいついた。しかし、第2ピリオドで21-21に追いついたところから、一気に引き離された。松崎をマークした東海大諏訪の高原伊吹(2年)は「高さのある選手でジャンプシュートが入るし、ドライブもある。体も強い。どこからでも点が取れる選手で、上手かった」と脱帽だった。高原自身は3ポイント3本を含むチーム最多22得点を挙げ、リバウンドも8本を記録するなど好プレーが目立ったが、それでも相手を止め切ることはできなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧