人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月27日

【ウインターカップ2018 コラム】福岡第一がU-18代表コンビで50点、37点差圧勝で8強へ

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line
福岡第一 ポイントガードの河村勇輝(2年)

福岡第一 ポイントガードの河村勇輝(2年)

福岡第一が2戦連続で圧勝劇を見せた。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、26日に第4日を行い、男子の福岡第一(福岡)は93-56で飛龍(静岡)を破って準々決勝に進出した。初戦となった前日の2回戦では東山(京都)との強豪対決で19点差をつけて圧勝したが、2日連続で圧倒的な強さを見せつけた。主将を務める松崎裕樹(3年)は「昨日、飛龍が(有力候補の一角だった北陸=福井に)後半に逆転していたので、井手口(孝)先生から『30点差が付くまで絶対に気を緩めるな』と言われていた。19点差で後半に入ったけど、追いつかれることなく点差を広げられて良かった」と手ごたえを示した。

U-18日本代表コンビの活躍が光った。ポイントガードの河村勇輝(2年)が27得点、松崎が23得点。2人だけで50点をたたき出した。飛龍の原田裕作監督は、福岡第一の出身で師弟対決に挑んだが「完敗。レベルが違う。やりたいことは、まったくやらせてもらえない。相手のやり方が分かっていても止められない。大学生とやっているような感覚。河村君には30点取られても良いと思っていたけど……。それ以外のところの守り方を準備してきたつもりだったけど、やり切れなかったし、やらせてもらえなかった。松崎君に至るまでに止められていない」と脱帽だった。前日の北陸戦で心身ともに疲弊した面もあったが、あまりの点差にショックを隠せない様子だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧