人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月24日

【ウインターカップ2018 コラム】留学生の急成長と、裏側にあるチームの努力

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line
開志国際 No.15 サンブ アストゥ選手

開志国際 No.15 サンブ アストゥ選手

ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、24日に第2日を行い、女子の開志国際(新潟)は71-78で浜松開誠館(静岡)に敗れた。第1ピリオドだけで3ポイントを4本も沈められた序盤、相手の攻撃を止められなかったことが響いた。終盤に追い上げたが、7点の差で届かなかった。

終盤、苦しい場面で活躍したのが、セネガルからの留学生、サンブ・アストゥ(3年)だった。ゴール下で体を張り、180センチの長身を生かして得点を挙げた。26得点、13リバウンド。主将の松浦なずな(3年)は「下級生が多いチームで、アストゥは(仕事量が増える中でも)我慢してリバウンドで頑張ってくれた。助けになると感じていた」と仲間に感謝を示した。

アストゥの担任でもある伊藤翔太監督は「彼女は、1年生の頃に、プレーできない期間が半年以上あった。実質2年、ものすごいスピードで成長した。昨年は下級生ながらインサイドで上級生と渡り合ってくれたし、今年はチームの主軸。カッとなって話を聞かないことがあり、僕も規律に関しては厳しく言って、何度もセネガルに帰る、帰らないという言い合いをした。でも、試合になれば、しっかりとプレーをやってくれた」とアストゥの成長を認めた。リバウンドの積極性は強くなり、インサイドでのポジション取りも上達。守備面の足の運びも向上した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧