人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月20日

【ウインターカップ2018 男子プレビュー】本命不在の激戦。ベスト8に勝ち上がればどのチームにも日本一のチャンスあり。

ウインターカップ by 青木 崇
  • Line

インターハイを制した開志国際は、新潟県のウィンターカップ予選を勝ち上がって出場権を決めた帝京長岡に1点差で敗れた。頂点に立ったことへの満足感を浸る時期があったのは仕方ないにせよ、再び頂点を目指すということではいい目覚ましになったと言っていい。

開志国際は、小池文哉と小栗瑛哉のガード陣、1年生のジョーンズ大翔、シュート力と機動力を兼備した197cmの和田蓮太郎、留学生のジョフ・ユセフとタレントは揃っている。しかし、インターハイに続く日本一への道のりは厳しい。初戦で正智深谷、3回戦で桜丘、準々決勝で実践学園か尽誠学園との対戦が予想されることでも明らか。

中部大第一は、U18代表の中村拓人を欠いた中でのインターハイ準優勝。中村が高い能力を発揮してチームを牽引し、留学生2人のペイント内での存在感と仲宗根弘と深田怜音の2年生コンビの活躍があれば、頂点に立っても決して驚かない。

インターハイの決勝は開志国際と中部大第一が戦ったといえ、この2校以外にも有望なチームが多い。将来が楽しみな1年生を数多く揃える明成、北村孝太と黒川虎轍のガードコンビに注目の東海大付諏訪というインターハイの3位の2校は、まず名前を出す必要がある。さらに、東海大付諏訪のブロックには、U18代表で活躍した松崎裕樹と河村勇輝を軸にしたチームで福岡大附大濠との激戦を制した福岡第一、身長が2m以上の留学生を擁する北陸と東山が入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧