人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月27日

【ハイライト動画あり】NTT東日本、合わせて22安打の打撃戦を制して3大会連続ベスト4進出。都市対抗野球 準々決勝

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

セガサミー vs. NTT東日本

第93回都市対抗野球大会は7月27日(水)が大会10日目。昨日に続いて準々決勝2試合が行われる。この日の第1試合はセガサミー(東京都)とNTT東日本(東京都)の対戦だった。セガサミーはHonda鈴鹿、日本通運を下しての勝ち上がりで、NTT東日本はヤマハ、日本新薬に勝利してベスト8に残った。

第93回 都市対抗野球大会

セガサミーの先発は2試合にリリーフで好投している右腕・舘和弥。NTT東日本の先発は1回戦から中5日で左腕・沼田優雅が任された。セガサミーは2回裏、二死2塁から6番・中川智裕が三塁線を抜ける左前安打。二塁走者の本塁突入を刺されてチャンスは潰えたかに見えたが、中川が2塁に残る。続く7番・砂川哲平がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点を先制する。

NTT東日本は3回表、一死1・3塁のチャンスを迎えると、3番・内山京祐のセンター前に渋く落とすタイムリー安打で同点に追いつく。さらに4番・向山基生の四球で塁を埋め、5番・中村迅はライトに満塁本塁打。ビッグイニングを作って5-1と逆転する。

しかし、セガサミーは3回裏、一死2・3塁から3番・黒川貴章のライト前タイムリー安打、4番・根岸晃太郎のセンター犠牲フライで3-5と点差を詰める。さらに5番・北川智也がライトに同点2ラン本塁打を放ち、先発の沼田を降板に追い込んだ。

ここから抜け出たのはNTT東日本だった。5回表には一死1塁から4番・向山基生がレフトに勝ち越しの2ラン本塁打。6回表にも9番・保坂淳介が今大会2本目の本塁打を放ち、8-5とリードを広げる。

NTT東日本は3回途中から登板した高卒2年目の右腕・片山楽生、右腕・多田裕作、左腕・三宮舜の継投で4回以降は相手打線を零封。打線は5番・中村が5打数4安打4打点と大活躍を見せた。NTT東日本が8-5とセガサミーを下し、3大会連続で準決勝進出を決めている。

◆試合結果
NTT東日本 |0 0 5 0 2 1 0 0 0|8
セガサミー|0 1 4 0 0 0 0 0 0|5

◆投手
・NTT東日本 :沼田優雅、○片山楽生、多田裕作、三宮舜
・セガサミー:舘和弥、井上和紀、●森井絃斗、氏家優悟、長島光希、古屋敷匠眞、横田哲、石垣永悟

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】準々決勝 セガサミー vs. NTT東日本

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ