人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月25日

【ハイライト動画あり】NTT東日本、日本新薬に勝って3大会連続ベスト8。都市対抗野球 2回戦

野球好きコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

NTT東日本 vs. 日本新薬

第93回都市対抗野球大会、7月25(月)は大会8日目。この日は2回戦の3試合が行われる。第1試合は1回戦で、ヤマハ(浜松市)に勝ったNTT東日本(東京都)と、日立製作所(日立市)を破った日本新薬(京都市)の対戦。この両チームは第90・91回でも対戦があり、いずれもNTT東日本が勝利している。

第93回 都市対抗野球大会

NTT東日本は堀誠、日本新薬は小松貴志の先発。初回はそれぞれ二死3塁、二死2塁とピンチを迎えるが、無失点で切り抜け、上々の立ち上がり。

しかし、3回裏、NTT東日本は先頭の8番・井上大成が初球をライトスタンドへ運び先制。続く、9番・保坂淳介はヒットで出塁すると、内野ゴロと盗塁で3塁へ進み、走塁妨害でホームに帰る。さらにNTT東日本は3番・内山京祐、5番・中村迅のタイムリーでこの回4点をあげる。

一方の日本新薬も4回表に3番・福永裕基の2塁打を足がかりに1点を返すが、5回にNTT東日本の3番・内山にソロ本塁打を浴びる。内山はこの日、5打数4安打2打点と大活躍だった。日本新薬も7回に6番・若林将平のソロ本塁打が出るが、その裏にNTT東日本の6番・喜納淳弥のタイムリーで再び4点差に戻される。

先手を取り、常に主導権を握り続けたNTT東日本が6-2で勝利。前回のベスト4、前々回の準優勝に続き、3大会連続でベスト8進出を果たした。

◆試合結果

日本新薬 |0 0 0 1 0 0 1 0 0|2
NTT東日本|0 0 4 0 1 0 1 0 X|6

◆投手

・日本新薬 :●小松貴志、山上大輔、齋藤弘志、神頭剛、西川大地
・NTT東日本:○堀誠、大竹飛鳥、多田裕作

都市対抗野球2022

【ハイライト】2回戦 NTT東日本 vs. 日本新薬

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ