人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月24日

【ハイライト動画あり】セガサミー、主導権を渡さず日本通運に勝利。3大会連続ベスト8。都市対抗野球 2回戦

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

セガサミー vs. 日本通運

第93回都市対抗野球大会は7月24日(日)が大会7日目で、2回戦3試合が行われた。第3試合は1回戦で、Honda鈴鹿を下したセガサミー(東京都)と、宮崎梅田学園を破った日本通運(さいたま市)が対戦している。

第93回 都市対抗野球大会

セガサミーは1回裏、二死2塁から4番に抜擢された平田巧がレフト線を破るタイムリー二塁打。さらに5番・北川智也はライトの脇を抜ける三塁打、6番・中川智裕はレフト前安打と畳み掛けて3点を先制した。

セガサミーの先発は中3日のエース草海光貴。2回表一死1・2塁から牽制球がボークを取られて走者が進塁し、さらに8番・浦部剛史への死球で一死満塁のピンチを迎える。しかし、ここは草海が後続を三振、セカンドゴロに討ち取ってピンチを脱出する。草海は3回にも無死1・2塁のピンチを迎えるが、やはり無失点で切り抜けた。草海は毎回のように走者を得点圏に進めつつ、6回を無失点で投げ切った。

セガサミーは6回、7番・砂川哲平が一死満塁から押し出しの四球を選んで4点目。8番・須田凌平がレフト前へのタイムリー安打で続いて5点目を挙げる。7回にも押し出しの四球でもう1点を追加した。

8回、9回とリリーフ陣が1失点ずつを喫するやや渋い終盤になったが、1回戦でも好投した右腕・舘和弥が9回無死1・2塁から後続を絶ち、逃げ切りに成功。6-2で日本通運を下し、3年連続のベスト8入りを決めている。

◆試合結果

日本通運 |0 0 0 0 0 0 0 1 1|2
セガサミー|3 0 0 0 0 2 1 0 X|6

◆投手

日本通運 :●前田敬太、古田島成龍、和田悠佑、川船龍星
セガサミー:○草海光貴、森井絃斗、氏家優悟、伊波友和、舘和弥

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】2回戦 セガサミー vs. 日本通運

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ