人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月21日

【ハイライト動画あり】先制した日本新薬、日立製作所に中盤に追いつかれるも突き放す。都市対抗野球 1回戦

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

日立製作所 vs. 日本新薬

第93回都市対抗野球大会は7月18日に開幕し、本日が4日目。第3試合は日立製作所(日立市)と日本新薬(京都市)の1回戦だった。

第93回 都市対抗野球大会

日本新薬は1回表、二死から3番・福永裕基が四球で出塁すると、4番・濱竜之祐が右中間を破る二塁打を放つ。5番・廣本拓也もセンター前のタイムリー安打で続く。左腕・岡直人を攻略し、2次予選の3試合で1失点だった日立製作所から2点を先制した。

日立製作所も4回裏、二死2塁から7番・中園雄一郎、8番・三倉進が連続タイムリー二塁打。同点に追いつくとともに、先発の岩本喜照を降板に追い込んだ。しかし、日本新薬は試合中盤に突き放す。

5回表二死満塁から4番・濱田がライトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越した。さらに5番・廣本が申告敬遠で出塁して再び塁を埋めると、6番・若林将平が押し出しの死球を受けてこの回3点目を挙げる。

日本新薬は6回に相手のソロ本塁打で2点差に迫られると、7回からは右腕・神頭剛を4番手に起用。日本製鐵広畑から補強された大型右腕は、150キロ超の速球を連発する強烈な内容で2回を零封した。またセンターの大崎拓也が7回にスーパーキャッチを見せるなど、バックも神頭を盛り立てた。

そして最終回は西川大地が締めた。2年ぶり出場の日本新薬が5-3で日立製作所を下し、2回戦進出を決めている。

◆試合結果

日本新薬 |2 0 0 0 3 0 0 0 0|5
日立製作所|0 0 0 2 0 1 0 0 0|3

◆投手

・日本新薬 :岩本喜照、○齋藤弘志、肥後皓介、神頭剛、西川大地
・日立製作所:岡直人、●川上雄太朗、阿部博光

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】1回戦 日立製作所 vs. 日本新薬

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ