人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年5月27日

【楽天好き】知られざるプロ野球選手の体重管理の秘密。管理栄養士・長坂聡子さんに聞く

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

管理栄養士・長坂聡子さん

プロ野球選手のあまり知られていない裏話として、体重コントロールの難しさがある。彼らにとっては身体の重さが少し変わるだけで、その繊細なパフォーマンスはもとより、疲労度やスタミナにも影響するからだ。

私たちも、たくさん活動したり、食べたり飲んだりすると、一時的に体重が大きく変動することがあるが、選手たちはシーズン中、ストレスのかかる環境下で、ものすごい量の練習と試合をこなしているのだ。コンディショニングと一言で言っても、その難易度は想像を超える。

これから夏場に向けて、多くの選手は体重が落ちてしまわないようなコンディショニングに取り組む。そこで今回も、楽天イーグルスで選手たちを専任サポートする管理栄養士・公認スポーツ栄養士の長坂聡子さんに話を伺った。

J SPORTS 放送情報

実はひとたびシーズンが始まると、減量が必要な選手は楽天ではほとんどいないと長坂さんは言う。「プロ野球の競技特性もあると思いますが、体重が落ちていく選手の方が多いんです。特に新人選手は、これほどのトレーニングや、試合をしながら1年を過ごした経験がない選手がほとんどなので、夏場も乗り切って戦い続けるためには、ある程度の体重があった方がいい」。

「もちろん、選手それぞれの体質にもよりますし、シーズンを戦うための体重のコントロールよりも、まずはプロ野球選手としての身体づくりからスタートする必要がある場合もあります」。

一方で中堅やベテランになると毎年のように技術と併せて、自身のコンディションを見つめ直し、体重もそれぞれで増減させてシーズン入りをしてくるのだという。

「自分がベストだと思える体重はその年によって異なるため、過去数年分の体重や、除脂肪体重のデータを見ながら、この時はこうだった、この時にケガをしたなど、選手の話を聞きながら一緒に考えています」。

「特にベテランは、自分自身で1年間戦うためにはどのような身体が良いのかわかっている選手が多いので、ただ体重をどうするか、ということだけでなく、もっと具体的に筋肉量や脂肪の増減などについて話すことも多いですね」と長坂さん。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ