人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月30日

菊池雄星、3回2/3、4安打4失点4奪三振3四球で勝敗つかず。指揮官は「問題は制球だ」と語る

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

3回途中、4失点で勝敗つかず

ブルージェイズの菊池雄星は現地4月29日(日本時間30日)、移籍後初白星を期して本拠地ロジャース・センターの先発マウンドに上がるも、アストロズの強力打線を相手に2回2/3を投げ、4安打4失点、4奪三振3四球と、前回に続き、役目を果たせないままの降板となった。菊池に勝敗はつかず、試合はブルージェイズが7-11でシリーズ初戦を落とした。

『MLB.com』でブルージェイズを担当するキーガン・マセソン記者は、同日付で「早期降板のキクチは未だに“発展途上の段階”」と題した記事を掲載し、その冒頭で、「スムースで落ち着いていて、安定したユウセイ・キクチを見るまでの待ち時間は、5月まで先延ばしとなった」とした。

メジャーリーグ中継2022

その上で、「10日前のボストンにて、キクチが寒いフェンウェイパークでレッドソックス打線と対戦した際には、その兆しは見られたが、今季の彼のそれ以外の先発登板は、今月にチャーリー・モントヨー監督が言ったように、彼は未だ“発展途上の段階”にある投手であることを実証した格好となった」と伝えた。

MLB中継2022

マセソン記者は、菊池について、「新しいチーム、新しい地区に来たばかりなので、(菊池の現状には)正当性はある」と、新天地への適応に時間を要していることに一定の理解を示した。

しかし、この試合の課題については、試合後のモントヨー監督の「(問題は)制球だ。ただ、彼にとって厳しい面もあった。と言うのも、彼は昨年、既に6度対戦したチームと、2試合連続して対戦しなければならなかったから。でも、今の彼の制球は良くない」とのコメントを引用し、端的に伝えた。

さらに記事では、昨年ブルージェイズでサイヤング賞を獲得した左腕のロビー・レイとの比較で、今後、菊池に求められる投球スタイルについて分析。先ず、「レイとキクチは組み立てが異なるし、投球も異なるし、打者へのアタックも異なるが、次の10年間に“伸び代”を持ってトロントへやって来る左腕は誰であれ、何かを解き放つことへの探求からレイと比較されることになる」と前置き。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ