人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年3月29日

【広島好き】開幕3連勝、打線爆発の中で光った守備。「週刊カープいいとこどり」

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line
野球好きコラム 広島好き

広島好きコラム

オープン戦好調のベイスターズを敵地で圧倒し、順位予想での低評価を覆す開幕3連勝。リーグ3連覇を達成した2018年以来となる絶好のスタートは、セ・リーグ初となる開幕から2試合連続2ケタ得点に、9回2死からの大逆転劇と、大黒柱流出で不安視された打線の奮起によってもたらされたものでした。

シーズンに入り、このコラムでは1週間の戦いを振り返り、投打の週間MVPを選出したいと思います。選出の基準は、最終的には筆者の独断と偏見、ということになりますが、基本的に1週間の2カードでどの選手が活躍したか、「いいとこどり」でシーズン終了まで続けていければと思います。

今回は開幕カード3試合の週間MVPを選びたいと思います。横浜スタジアムでのベイスターズ3連戦は、リーグ史上初の開幕から2試合連続2ケタ得点など、3試合で28得点と打線が爆発しました。

スタメン起用された野手で最高打率を残したのが上本崇司坂倉将吾で、上本は3試合で12打数6安打(3打点、2四球、1盗塁)、坂倉は14打数7安打(2打点)の打率.500をマークしています。2人に続くのがルーキーの末包昇大で、11打数5安打(1打点、1死球)の打率.455。西川龍馬が14打数5安打(5打点、1四球)の打率.357、菊池涼介が12打数4安打(1本塁打、4打点)、松山竜平も12打数4安打(1打点、2四球)の打率.333となっています。

J SPORTS 放送情報

開幕戦で強烈なインパクトを残したのが、チームの新人では2006年の梵英心以来となる開幕スタメンを果たした末包でした。末包は1死1・3塁で迎えたプロ初打席で、レフト前に今季チーム初得点となるタイムリー安打を放ち、プロ初安打、初打点を記録しました。続く、第2打席は二塁打、第4打席も安打で、球団の新人では1958年の古葉毅、森永勝治以来、史上3人目となる開幕戦での猛打賞を記録。第2戦、3戦でも安打をマークして3試合連続安打と、最高のプロデビューとなりました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ