人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年3月29日

【横浜好き】シーズン開幕。『週刊ベイスターズいいとこどり』

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

「横浜反撃」のスローガンの下、始まった2022年シーズンは、ベイスターズは地元でまさかの3連敗となってしまいました。オースティンソトの両外国人にエースの今永昇太を欠き、スタートから昨季の悪夢が頭をよぎった開幕3連戦でしたが、シーズンはまだ始まったばかり。めげずに今季も“いいとこ”を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

各試合の“いいとこ”を振り返る前に、まずは新シーズンの始まりということで、打撃部門の主なチームの“今季初”を記録しておきましょう。初安打は3番・ライトで自身3年ぶりの開幕スタメンとなった楠本泰史。開幕戦の初回に広島先発の大瀬良大地から中前安打を放ちました。

初打点は宮崎敏郎で、同戦の4回1死2、3塁の場面でセカンドゴロの間に打点を記録し、初得点として佐野恵太がホームを踏んでいます。初本塁打は開幕3戦目の5回、佐野がライトスタンドぎりぎりに入るソロ本塁打を放ちました。

その他、初タイムリーと初二塁打が開幕戦7回の桑原将志、初四球が同5回の柴田竜拓、初犠飛が第2戦9回の戸柱恭孝で、三塁打と死球はまだ記録されていません。気になるのが、盗塁と犠打も開幕3試合で0に終わっており、今季の課題である機動力を生かした1点を取りにいく野球、という姿はまだ見られていません。

というわけで、今シーズンもまた各試合の“いいとこ”探し、2022年は試合結果も記しながら、シーズン終了まで各試合を振り返りたいと思います。

◆3月25日 vs.広島(横浜スタジアム)●3-11

入場者数制限が解除され、横浜スタジアム史上最多の観客数となった開幕戦は、自身初の開幕投手となった東克樹が2回に3失点も、その後は立ち直って5回まで追加点を許さない粘りの投球を見せた。6回に先発打者の上本崇司に四球を与えた際に、右中指の皮がめくれるアクシデントで無念の降板。東の後を継いだ4人の投手で結果を残したのが、4番手で登板した入江大生。1イニングを三者凡退できっちりと抑えた。

打撃陣でマルチ安打の選手はいないが、7回に2点二塁打を放った桑原に、佐野、楠本、牧秀悟、戸柱が安打を記録。プロ初の開幕スタメンとなった知野直人は、慣れない一塁守備で失策もあったが、最終打席で意地の内野安打を放った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ