人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月20日

アストロズ打線の猛攻を呼び込んだブルペンの粘投。ア・リーグ チャンピオンシップシリーズ第4戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

2勝2敗のタイに

現地10月19日(日本時間20日)に行われたアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第4戦は、敵地フェンウェイパークで負ければ後がなくなるアストロズが、9-2でレッドソックスに勝利し、シリーズを2勝2敗のタイに戻した。

これで、このシリーズは現地20日(日本時間21日)にボストンで行われる第5戦の結果にかかわらず、ヒューストンのミニッツメイドパークで勝敗が決することが確定した。

ア・リーグ チャンピオンシップシリーズ 第5戦

試合は初回にアレックス・ブレグマンのソロホームランでアストロズが先制するも、レッドソックスはその裏に、ザンダー・ボガーツの2ラン弾で逆転に成功。

レッドソックスはアストロズ先発のザック・グリンキーを2回途中でマウンドから引き摺り下ろすも、アストロズのブルペンが奮闘したことで、その後は息詰る投手戦となり、スコアボードには両チームとも0が並ぶ展開に。

するとアストロズは8回にホセ・アルトゥーベに、MLB歴代単独3位となるポストシーズン通算21本目のソロ弾が飛び出し、試合を振り出しに戻す。勢いに乗るアストロズは、9回の攻撃で一挙7点を奪い、レッドソックスを突き放してボストンの観客の前で勝利をもぎ取った。

なお、『MLB.com』で過去のスタッツを紐解く記事を掲載しているサラ・ラングス記者によると、この第4戦のアストロズによる1イニング7得点は、ポストシーズンにおける球団最多記録であり、MLB全体で見ても、ポストシーズンにおける9回以降の1イニングの得点として、史上最多タイ記録とのこと。ちなみに、プレーオフでの9回以降、1イニング7得点は今回のアストロズが史上6例目となる。

この試合のハイライトやスコアボードを見ると、確かにアストロズによる9回の猛攻に目が行きがちになるが、より重要なポイントは、この反撃を呼び込んだブルペンの粘投ということになるだろう。何しろ、アストロズのブルペンはグリンキーがわずか1回1/3で降板した後、5人の継投で好調の波に乗るレッドソックス打線を7回2/3にわたり零封したのである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ