人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月8日

【オリックス好き】7年目の覚悟と覚醒!~宗 佑磨~

野球好きコラム by 大前 一樹
  • Line

宗佑磨選手

バファローズのホットコーナーを完全に支配する男が現れた。毎年、候補者に数人の名前が挙がってはいたが、その熱いポジションを奪い取るに値する実力を有する選手は、去年まで、いや今季の開幕直前まで、現れることはなかった。それが・・・である。オープン戦のラスト2試合だけで、存在感を示した男が今や余人を以って代え難い存在になり得ている。宗佑磨である。

J SPORTS 放送情報

彼のしなやかさを持ち合わせた俊敏性と持ち前の強肩。さらには、一見派手に見えるが、その実、極めて丁寧で確実な守備力は三塁手に求められる資質のほぼ100%を備えていると言っていいだろう。メジャー級とさえ映るダイナミックなプレーは、観る者を魅了するに十分なもの。では、そんなサードベースマン、宗佑磨を自身の守備力をどう見ているのか。
「プロではショートでスタートした自分でしたが、1回クビになってしまっていて(苦笑)。そのあと外野に回って・・・。だから正直サードの守備には自信がなかった。ただ開き直れたのでしょうね。ショートの時は、うまくやろうとして形にこだわりすぎていた。外野をやって、少し自分の中で自由な発想ができるようになってきました。そこで、今度はもっと違った感覚で内野に再チャレンジできたのではないでしょうか」

2019年、中嶋聡二軍監督の勧めもあって、ファームで内野手としての出番を増やしていった宗。そんな彼の左手のグラブは、メジャーリーガーのマニー・マチャド(パドレス)モデルだという。「最初は特にこだわりはなく、外野用のグラブで守ったりもしていましたが(笑)。彼のプレースタイルに憧れて、今はマチャドモデルのグラブなんです」と、目を輝かせる。ゴールドグラバー、プラチナグラバーのプレースタイルに倣うかのような彼の動き。形に囚われない、自由で大胆なメジャーリーガーのプレーに由来しているというのだから興味深い。

ところで、この春のキャンプに宗佑磨は参加していない。下半身のコンディションが十分整わない中、彼は舞洲で“居残り組”としての始動を余儀なくされた。「チームプレーも全く出来なかったわけですから、今年はもう一軍はないかなって思うこともありましたね。ただ、自分にできることだけはしっかりやっておこうと・・・」そんな逆境ともいうべき中で、彼にチャンスが巡ってきたのは、オープン戦の最終盤。わずかなチャンスを活かして、宗は一軍枠に滑り込んだのだ。シーズン序盤は外野も守りながら、尚且つファーストミットまで手にする便利屋的な役割を任されたが、5月に入るとほぼサードに定着。三塁手・宗佑磨のダイナミックかつ確実な守備力がチームの難局を救ったことは一再ではない。そう、この頃から多くの人が気づき、そしてささやき始めたのだ。「宗の守備力ならゴールデングラブ賞が獲れるのではないか」と。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ