人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月12日

【ハイライト動画あり】慶應義塾大学、4番の一打で死闘を制し、34年ぶりの頂点へ王手。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

先制本塁打に決勝打と4番として最高の結果を出した正木

慶應義塾大学は3回表に主砲・正木智也(政4・慶應)の2点本塁打で幸先よく先制に成功するも、1点を返されて迎えた6回表、5番・進藤勇也(ビジ2・筑陽学園)に逆転満塁本塁打を被弾してしまう。

それでも直後の6回裏にすぐさま1点を返すと、7回裏には下山悠介(商3・慶應)の適時打、敵失で同点に追いつき、主将・福井章吾(環4・大阪桐蔭)の適時打で再逆転。

8回表に4番・ブライト健太(ビジ4・葛飾野)の適時打で同点とされたものの、8回裏に正木の勝ち越し適時打、廣瀬隆太(商2・慶應)の適時三塁打で4点を挙げて突き放し、壮絶な打ち合いの末に決勝進出を果たした。

第70回 全日本大学野球選手権記念大会

「日本一」まであと2勝。強打の上武大学を相手に、マウンドにはエース・森田晃介(商4・慶應)が上がった。中2日という難しいコンディションながら3回表までスコアボードに0を並べ、迎えた裏の攻撃。1死から3番・下山が内野安打で出塁すると、4番・正木が内角直球を強振。打球は弾丸ライナーで左翼スタンドに突き刺さり、幸先よく2点を先制した。

内野ゴロの間に1点を失うも、安定した投球を続けていた森田だったが、6回表に2死から連打でピンチを招き、プロ注目の4番・ブライトを迎える。ブライトの放った打球は力なく遊撃へ転がるも、二塁走者と交錯。

堀井監督は守備妨害を主張したが、判定は覆らず満塁に。続く進藤への初球が甘く入った。振り抜かれた打球は左翼手の背走及ばずスタンド最前列へ。まさかの逆転満塁本塁打で3点をリードされてしまう。

悪い流れを断ち切りたい6回裏、先頭の廣瀬が二塁打で出塁すると、内野ゴロの間に三進。続く、北村謙介(総3・東筑)の打球は左翼への浅い飛球となるも、廣瀬が思い切ってタッチアップ。アグレッシブな走塁ですぐに1点を返した。

7回裏には代打・石川涼(法4・興南)が敵失で出塁し、渡部遼人(環4・桐光学園)、下山の連打で1点を返す。続く、正木の当たりは遊撃手正面へのゴロとなり併殺かと思われたが、二塁手が悪送球。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ