人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月14日

【中日好き】清水達也、まとめる技術

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

清水達也投手(写真:球団提供)

キャンプ後の3月上旬、ドラゴンズ仁村二軍監督ははっきり言った。

「今、一番いいボールを投げているのは清水。キャンプ中にどんどん良くなって、帰ってきてからも進化している。見違える真っすぐだよ。梅津をしのぐくらい。惚れ惚れする」。

同感だった。常時148キロ前後をマークし、美しい球筋がミットに収まっていた。開幕ローテの椅子を十分に狙える、そんなボールだった。

オープン戦一軍登板が回ってきたのは3月17日、バンテリンドームの巨人戦。この段階でドラゴンズは4人目以降の先発投手が不透明だった。開幕まで時期的にもラストチャンス。4人目に清水はマウンドに上がった。磨き上げてきたストレートを披露する、はずだった。

J SPORTS 放送情報

結果は2回1/3 68球4安打4失点。5四球の大乱調だった。

清水は「生涯一番ひどいピッチングだったと思います。よかったのは最初の4球だけで、そこからは最悪の投球。自分を取り戻せませんでした」と話した。

相手に痛打されたわけではない。1球抜けたボール。そこから清水の脳裏に過去の失敗がフラッシュバックしてきた。表情はこわばり慌てる清水に変わってしまった。

「去年、ここで吉見さんの引退試合でいい投球ができなくて、急にマウンドで悪いイメージばかりが蘇ってきて。そこからは軽くパニックでした。どうしよう…、あれ…、おかしい…」。

清水は自分で負のスパイラルに陥り、戻ることはなかった。

素晴らしいボールに仕上がっているのは、一軍首脳陣もわかっていた。ゆえに、試合後の与田監督からは清水に「もったいない。ボールはいいのに。使い方が悪い」と告げられた。阿波野投手コーチとは1時間近いマンツーマンのミーティングが行われた。

清水は「いいボールに仕上げても、ピッチングにできなければ意味がない。逆に状態が悪くても、ピッチングをまとめる投手が一軍に残る。改めて痛感しました」と話した。

そんな清水に“気づき”を与えてくれたのは大野奨太だった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ