人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年9月17日

【中日好き】石垣雅海、竜の未来

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

前回の1軍舞台はルーキーイヤーだった。2年前のシーズン終盤、横浜スタジアムでスタメン。3つの三振をして2軍に戻った。昨シーズンは1軍なし。そして迎えた今年の夏。石垣雅海は確実な進歩を結果で示した。

1軍合流日、真剣な表情で「前回と今回では1軍の意味が違うと思います。大事な時期に呼んで頂いたので、きっちり結果を出して貢献したい。お試し期間ではないと思っています」と話した。

J SPORTS 番組情報

今シーズン初の1軍打席は、8月21日ナゴヤドーム巨人戦。相手投手は巨人の絶対的エース菅野智之だった。6回、変化球を引っ張りレフト線への2塁打。プロ初安打をマークした。

石垣は「菅野さんから打てたのは素直に嬉しかったですね。自信にもなります。ただそうは続かないと思いますから。また切り替えていきます」と話した。

ここまで12打席。12打数2安打。2安打はともに2塁打。そして4三振も石垣らしい(9月15日終了時点)。とにかく強く振る。そして長打力が最大の魅力だ。

9月5日、東京ドームでは巨人、中川皓太からプロ初打点をマークした。しかし石垣は「1軍のピッチャーはやはり違いますね。巨人の中川さんの球を見た時は本当にびっくりしました」。

「これが1軍のボールかって。変化球の見極めができない。手元で急に鋭く曲がるんです。どうやって打ったのかよく分からなかったです」とも話す。

ポジションは主に内野。2軍ではサードやファーストを多く守ったが、今年から外野にも本格的に取り組んでいる。理由はいたってシンプル。出場機会を求めての外野だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ