人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 ニュース 2019年6月12日

大阪商業大学が左腕・橋本の完投勝利でベスト8進出。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

10日(月)に開幕した第68回全日本大学野球選手権大会。12日(水)は東京ドーム、神宮球場で2回戦の計7試合が行われている。

東京ドームの第2試合は大阪商業大学と九州産業大学の対戦となった。大商大は1回戦で日本文理大学を撃破。対する九産大は1回戦がシードで、この試合が初戦だった。

試合は1回表にいきなり動いた。大商大は1番・湯口郁実(大垣日大)が四球を選ぶと、バントと安打で一死1・3塁と先制のチャンス。4番・小野寺暖(京都翔英)がレフトに犠牲フライを放ち、1点を先制する。

大商大は2回表にも二死3塁から9番・植田匡哉(汎愛)がセンター前にタイムリー安打を放ち、2−0とリードを広げる。

九産大は先発の福森耀真(北九州)が、最速149キロの速球とスライダーで迫力は見せたが、4回にもピンチを迎えて降板を強いられた。

大商大は1回戦で好投したエース・大西広樹を温存したももの、4年生左腕の橋本侑樹(大垣日大)が好投。速球は最速140キロ台前半だったが、変化球と制球が冴えていた。3回裏に味方の失策辛みで1失点は喫したが、打たせて取る効率的な投球を見せる。

九産大も2番手の左腕・岩田将貴(九産大九州)、4番手の右腕・谷口優成(唐津商業)など変則派タイプを次々にマウンドへ送り、3回以降は大商大打線に得点を許さない。

しかし、橋本は安定した投球を続け、その後のピンチは8回の一死2塁のみ。わずか107球で9回1失点完投勝利を挙げ、大商大がベスト8進出を決めた。

全日本大学野球選手権ハイライト

2回戦 九州産業大学vs.大阪商業大学 ハイライト【全日本大学野球選手権2019】

◆試合結果

大商大|1 1 0 0 0 0 0 0 0|2
九産大|0 0 1 0 0 0 0 0 0|1

九州産業大学:●福森、岩田、船越、谷口―揚村
大阪商業大学:○橋本―岡澤

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧