人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2021年1月4日

バドミントン国際大会、新たな開催方式の注目点は?

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line

桃田賢斗(NTT東日本)

10カ月ぶりに世界のトップ選手が覇を競う。バドミントンのBWFワールドツアー3大会が、2021年1月12日から3週間にわたってタイで開催される。12日開幕のヨネックスタイオープン、19日開幕のトヨタタイオープン、そして27日開幕のワールドツアー・ファイナルズだ。全5種目で有力選手を抱える日本A代表は、1月3日にタイへ渡り、現地での1週間の隔離合宿(行動範囲を限定した調整期間)を経て大会に臨む予定だったが、出国時のPCR検査において、男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が陽性と判定を受けたため(他選手、スタッフは陰性)、日本バドミントン協会は、選手団の派遣中止を決定した。中国勢も参加を辞退しており、強豪選手を多く擁する2つの強国が不参加となった。あらためて、コロナ禍における国際大会の難しさを痛感する。

ただし、タイで行われる3つの大会は、それでも注目すべきポイントがある。世界トップクラスの強豪が出場するBWFワールドツアーは、2020年3月の全英オープン後、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、BWFワールドツアーは中断。同年秋にデンマークで2大会を連続で行う案で再開を模索したが、最終的には1大会のみの開催となり、アジア勢はほとんどが不参加。日本も6選手のみの出場に留まった。12日に開幕するタイオープンは、欧州とアジアの強豪が、19年3月の全英オープン以来10カ月に顔を合わせる場となる。

J SPORTS 放送情報

タイで開催される国際大会の注目点は、主に2つある。1つは、日本勢のライバルとなる他国のトップ選手の状況確認だ。アジアの強豪選手の多くが、20年3月の全英オープン以来、国際大会に出場していない。2024年のパリ五輪シーズンまで契約が延長された朴ヘッドコーチは「海外の選手が全英オープン以降、どうなっているか分かっていない。本当に久しぶりに見るので、どれくらい変わっているかチェックができると思っている」と話した。男子シングルスで桃田のライバルの一人となるビクター・アクセルセン(デンマーク)はコロナ禍でのワールドツアー中断中に足首の手術を行っている。負傷からの回復、フィジカル強化、ダブルスの戦術強化などを行っている可能性があり、各選手がどのような変化を見せるのかが注目される。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ