人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2020年3月9日

バドミントン全英オープン、桃田不在でも東京五輪に向けた注目大会

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line
高橋礼華/松友美佐紀ペアがポイント差を詰める戦いに挑む

五輪レースの終盤、この大会は見逃せない。バドミントンの国際大会、全英オープンが11日に開幕する。世界トップクラスの選手が参加するBWFワールドツアーの中でも最も格付けの高いスーパー1000。女子シングルスで4年ぶり2度目の優勝を狙う奥原希望(太陽ホールディングス)が、昨年12月にBWFワールドツアーファイナルズの4位でシーズンを終えた際、「とりあえず一度休んで、次の大きな大会は3月の全英オープンがあるので、多分、みんながみんな、タイトルを取りに来る大会だと思うので、そこでしっかりと勝負できるように、体と気持ちをリセットして向かえたら良い」と今季最初のターゲットに挙げていた大会だ。

世界選手権よりも古い歴史を持つ全英オープンは、最も強い権威を誇る。精鋭揃いのトーナメントで、レベルが高い。東京五輪の前哨戦として見ることもできる大会だ。日本勢では、男子シングルス世界1位の桃田賢斗(NTT東日本)が1月にマレーシアで起きた交通事故の影響と思われる右眼眼窩底骨折を負ったために欠場となったが、ほかの日本A代表が揃って参戦する。

4月末まで続く五輪レースも終盤に差し掛かっており、高いランキングポイントが設定されているこの大会は、逆転を狙う選手にとっては特に重要だ。日本勢では、世界ランク上位に3組がひしめく女子ダブルスにおいて、3番手に位置する2016年リオデジャネイロ五輪の女王ペアの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)がポイント差を詰める戦いに挑む。また、男子シングルスで桃田に次ぐ2番手としての五輪出場を狙う世界ランク11位の常山幹太と16位の西本拳太(ともにトナミ運輸)の成績も注目だ。

新型コロナウイルスのまん延により、多くの日本A代表が出場を予定していたドイツオープンが中止になったほか、ポーランドオープンも延期になるなど、五輪レースのスケジュールが乱れている。出場権争いの最中にいる選手にとっては、確実に開催された大会でポイントを取りたいところだ。日本旅券保有者の入国制限や隔離処置が増えているため、この大会後、選手は帰国予定だったが、今後のインド、マレーシア、シンガポールで行われる大会にスムーズに入るために帰国をせず、21日まで英国に残って合宿を続けることを日本バドミントン協会は、決定した。精神的なストレスを抱えることになることを考えると、五輪レース最後のスーパー1000では、何としても好成績を残したいところだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ