人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年2月24日

アンバー・グレンがパーフェクトな演技で初のシニア全米王座へ「あらゆるハードワークが報われた。長い旅でした」 | 全米フィギュアスケート選手権2024 女子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
全米フィギュアスケート選手権2024 女子シングル

全米フィギュアスケート選手権2024 女子シングル

繊細で、感激屋の24歳は、嬉し涙を止めることができなかった。ずっと待ち望んできた栄光が手に入った。パーフェクトなショートプログラムと、パーフェクトな3回転アクセルを飛んだフリースケーティングの果てに、アンバー・グレンが生まれて初めてシニアの全米王座に上り詰めた。14歳で全米ジュニア選手権を制してから、ちょうど10年目の歓喜だった。

「とてつもない衝撃に襲われました。私がここまで続けてきたあらゆるハードワークが報われたのですから。長い旅でした」

会場を総立ちにしたパワフルな演技で、まずはSPを2位で折り返した。ジャンプはことごとく高い出来栄え点(GOE)を勝ち取り、スピンもステップも、文句なしにすべてオールレベル4の評価を得た。74.98点の高得点で、SP首位イザボー・レヴィトにはわずか0.40点差でぴたりとつけた。

FSも冒頭の3回転アクセルは完璧に着氷した。3シーズン前から繰り返し挑戦し、今季ついに自らのモノとした大技を、改めて毅然と成功させた。その後も次々と問題なくジャンプを決めていく。ところが後半、演技が乱れた。まずはコンビネーションの予定が、シングルジャンプのみに留まった。さらにプログラム最後のジャンプは、フリップが1回転にしかならなかった。音楽が止まった直後の、グレンの表情は硬かった。

得点は135.48点でFS2位と、決して悪くはなかった。技術点だけで見れば4番手に過ぎなかったが、演技構成点で、他のメダリストを3点以上も大きく引き離している。特に今大会はスケーティングスキルの項目で、SP・FSともに、圧倒的なトップの得点を得た。

……もしもディフェンディングチャンピオンが本来の滑りさえ見せていれば、ドラマチックな逆転劇は起こらなかったのかもしれない。しかし、国のナンバーワンを決める大イベントには、時に魔物が顔を出す。レヴィトはFSで3回転倒し、大幅に点を落とした。総合得点210.46点で、グレンが遅咲きの全米チャンピオンになった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ