人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年4月3日

【レビュー:ISU世界フィギュアスケート選手権2021 ペア】 世界選手権デビューとなった三浦璃来&木原龍一組が北京五輪枠を獲得! 表彰台はロシアvs中国の熾烈な争いに

フィギュアスケートレポート by 野口 美恵
  • Line

アナスタシヤ・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ組

一方、表彰台をめぐっては、ロシア対中国の熾烈な争いとなった。僅差で制したのはアナスタシヤ・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ(ロシア)。227.59点で、ショート3位から巻き返した。フリーでは「3回転サルコウ+オイラー+3回転サルコウ」の大技を冒頭で成功。高さのあるツイストリフトも見事で、ショート、フリー通じて大きなミスがなく、勢いある演技での優勝となった。
シーズン初めにコロナ陽性となり、苦難を乗り越えてきたガリャモフはこう振り返った。
「本当に大変なシーズンでした。スタートは遅れましたが、ゆっくりとこの大会にピークを合わせてきました」 またフリー曲がボヘミアン・ラプソディの『We are the champions』であることからミーシナは「1つ1つの技を終えるたびに緊張から解放され、幸せに近づいていくというような気持ちになりました」と喜んだ。

また平昌五輪銀メダルのウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国)も実力者らしい滑りが光った。幼少期から組んできた2人も、いまや25歳と28歳のベテランだ。怪我明けということもありサイドバイサイドのジャンプでは苦戦したものの、飛距離のあるスロージャンプ、高さのあるツイストリフトなど、ペアならではのダイナミックさは健在。225.71点で2位につけた。
「シーズン中の怪我のあと、2か月しか氷上練習できていなかったので、このレベルまで持ち直せたことが嬉しいです。来季は完全な準備で臨めるように、しっかり取り組んでいきます」とスイ。母国開催となる五輪での、悲願の金メダルに向けて、気を引き締めていた。

またアレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)はショート首位発進を決めたものの、フリーではボイコワが3回転トウループで転倒。スロー3回転フリップでも着氷ミスがあり、3位に。「初めての世界選手権のメダルなので嬉しいという気持ちと、もっと上を目指していたので残念な気持ちです。でも銅メダルを誇りに思いたいです」とコズロフスキーは語った。

またベテランのエフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)も、僅差で4位につけた。ショート、フリーともにミスは1つずつに押さえ、2人が一体となる演技力で高得点をマーク。平昌五輪は4位だった2人。北京五輪での巻き返しにむけて、ライバル達にプレッシャーをかける位置につけた。

ペアは現在、中国とロシアの2国強豪状況が続く。三浦&木原達が、北京五輪までにどんな成長を果たし、世界トップへと迫っていくのか。期待が高まる一戦だった。

文:野口美恵

野口 美恵

元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験を生かし、ルールや技術、選手心理に詳しい記事を執筆している。日本オリンピック委員会広報としてバンクーバーオリンピックに帯同。ソチ、平昌オリンピックを取材した。主な著書に『羽生結弦 王者のメソッド』『チームブライアン』シリーズ、『伊藤みどりトリプルアクセルの先へ』など。自身はアダルトスケーターとして樋口豊氏に師事。11年国際アダルト競技会ブロンズⅠ部門優勝、20年冬季マスターゲームズ・シルバー部門11位。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ