ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2022/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2022年03月25日

ラグマガ600号&リーチ本&トンガへの義援金

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

rugmaga.jpg

昭和47年創刊のラグビーマガジンが最新号で600号に達しました。僕が編集長をしていたのは、1997年までなので、もう四半世紀経つわけですね。いまは一読者として、その情報量の多さに感心しながら読んでいます。

そんな600号を同時に手もとに届いたのが、ベースボール・マガジン社刊の書籍「新・スポーツスーパースター列伝1 夢への扉を開け! リーチ マイケル」です。僕はこの本の執筆・企画構成を担当させてもらいました。リーチ選手のファンの皆さんであれば知っていることが多いと思いますが、今回は新たにインタビューし、札幌山の手高校ラグビー部の佐藤幹夫監督ほか数名の関係者にもお話を聞きました。

こうしてまとめてみると、リーチ選手というのは、子供たちに勇気を与える存在だと改めて感じました。小学生向けの本ですが、大人でも十分に楽しめるし、心を動かされる内容だと思います。僕も感動しながら書きました! ぜひ、ご一読ください。

ちなみに、このシリーズはさまざまなスポーツのスーパースターが紹介されます。2番目はプロ野球の柳田悠岐選手、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手です。リーチ選手が先陣をきります。

◎トンガへの支援活動のお知らせ

ラグビー神社「雑太社」のある下神神社では、トンガの噴火津波被害の被災者に対する募金活動を行いました。1月22日~3月22日まで神社に募金箱を設置し、3月25日、集まった義援金を世界遺産下鴨神社ラグビー第一蹴の地顕彰会の坂田好弘会長が在日トンガ王国大使館青木祐子大使秘書に届けました。まだまだ不便な生活を強いられているトンガの人々がいることを忘れずにいたいですね。

義援金総額=1,165,847円

世界遺産下鴨神社ラグビー第一蹴の地顕彰会

および賀茂御祖神社 連名

sakata.jpeg

  • Line