ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2022/01

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2022年01月25日

熱いリーグワン&ラグビーマガジン3月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2022-03.jpg

2022125日、ラグビーマガジン3月号の発売日。表紙は、東芝ブレイブルーパス東京のリーチ マイケルだ。『ジャパンラグビーリーグワンはじまる』。巻頭カラーは「新時代到来」と題して開幕節からの熱戦を紹介している。「リーグワン。虹色のスタート。王国のスターから社員選手まで競演。独自の色へ、昇華めざす」。いい見出しだと思う。リーグONEは、ただ勝敗を競い、順位を争うリーグではなく、企業文化を大切にしながら地域に根差し、プロフェッショナルな運営に移行し、社会に必要とされるリーグになろうとしている。日本ラグビーのレベルを押し上げ、日本代表強化の礎になることも大切だが、このリーグ自体がラグビーの魅力、価値を創造し、発しつづけるものでなくてはいけない。

開幕時期が新型コロナウイルスの感染症拡大時期と重なったこともあり、次々に試合が中止になっているが、現場のスタッフの方々に話を聞くたび、なんとしてもこのリーグをやり抜くという熱い気持ちを感じる。ラグビー協会が運営していたトップリーグであれば中断という決断もあるだろう。だが、リーグONEは、各チームが試合を主催し、協賛企業、自治体が連携して一つ一つの試合を作り上げている。前売りチケットを買い、試合を楽しみにしているファンの皆さんを喜ばせたい。そのために各チームが趣向を凝らしている。感染対策を万全にして、できるかぎり試合を続け、ラグビーの火を消したくないという気持ちが強い。なにより、ラグビー選手にとっては、ラグビーをする場がなくなることが一番辛いことだ。どのチーム、選手も、今は勝ち点争いのことより、一つ一つの試合の運営、プレーに全力を尽くす。そこに集中しているだろう。

グラウンドでのパフォーマンスは、シーズンが深まるにつれて上がっていくはずだが、すでに見応え十分の試合が多い。第3節(1月22日、23日)はディビジョン14試合が中止になったが、初登場の埼玉ワイルドナイツの強さ、選手層の分厚さに改めて驚かされた。そして互角の戦いを繰り広げた横浜キヤノンイーグルスの成長には目を見張るものがある。ディビジョン2の花園近鉄ライナーズのウィル・ゲニア、クエイド・クーパーの華麗なパス、ランには感嘆のため息が出た。ディビジョン3の中国電力レッドレグリオンズの奮闘も見る者を感動させるものだった。今後、どれだけの試合が中止になり、リーグが成立するのか分からないが、懸命に戦う選手たちの姿は多くの人に希望を与えている。一節ごと開催される試合を楽しんでいきたい。

今号のラグビーマガジンは、年末年始の各種全国大会のレポート満載だ。大学選手権で4年ぶり10度目の優勝を果たした帝京大学の細木康太郎キャプテンのインタビューもある。「俺たち、なんで日本一になりたいの?そんな問いから、このチームを始めました」。高校大会は東海大大阪仰星が優勝。監督としてチームを4度目の頂点に導いた湯浅監督ですら「悔い改める日々だった」というレポートがある。「おそらく僕の、こうでなければならないという圧が、もっとこんな考えがあるのでは、もっとこうやりたい、という人の感性や希望を摘み取っていた」。そんな自問自答。指導の難しさを考えさせられる。そのほか、読み応えある記事が続く。というわけで、ラグマガ3月号おすすめです。

  • Line