ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/11

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年11月24日

バーバリアンスに日本から4選手。中村亮土はSOで先発

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

英国バーバリアンズから日本の4選手、垣永真之介 、中村亮土、堀越康介(以上、東京サントリーサンゴリアス)、小瀧尚弘(コベルコ神戸スティーラーズ)が招待を受けた。

バーバリアンズは、1890年にイングランドで創設されたクラブチームで、クラブハウスを持たず、試合のたびに世界中のスター選手を招待し、攻撃的でエキサイティングなラグビーをする伝統がある。英国を中心に世界各国の名選手が多数プレーしてきたが、東洋人として初めて選ばれたのは、1992年の林敏之だ。

その後、日本代表79キャップの元木由記雄、1999年のラグビーワールドカップで日本代表キャプテンを務めたアンドリュー・マコーミック、日本代表の田中史朗、ホラニ龍コリニアシ、藤田慶和が招待されて試合に出場している。女子のバーバリアンズもあり、女子日本代表の南早紀、齊藤聖奈がプレーしたことがある。今回は、1127日、イングランドラグビーの聖地トゥイッケナムでサモア代表と対戦するが、同日、女子バーバリアンズも、女子の南アフリカ選抜と対戦する。

1122日に発表されたメンバーを見ると、日本でもおなじみの南アフリカ代表HOマルコム・マークス、NO8ドウェイン・フェルミューレン、オーストラリア代表のFLピート・サム、ロブ・レオタ、SHテイト・マクダーモット、CTBレン・イキタウ、FBジェームズ・オナコーなど現役バリバリのスター選手がずらり。このメンバーの中で、垣永真之介、中村亮土が先発予定。中村はSOとして出場し、マクダーモットとハーフ団を組む。

サモアは、2023年のラグビーワールドカップで日本代表と同プールになることが決まっている。その情報収集の上でも大切な戦いだが、まずは、世界の大舞台で4選手のはつらつとしたプレーを楽しみたい。垣永の雄叫びも聞くことができるだろう。試合の様子は、1127日、午後11時半から、JSPORTS1で午後1120分より放送される。

◎ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ

「このたび、ブレイブブロッサムズ(日本代表)から4名の選手がバーバリアンズに選出されたことは、大変光栄なことです。彼らにとっては、とてもユニークで名誉な経験をすることとなり、世界中の優れた選手たちと一緒にプレーして友情を育むことができる素晴らしい機会となることでしょう。彼らの選手キャリアのなかでも、間違いなくハイライトの一つとなることと思います。ラグビーワールドカップ2023フランス大会で日本はサモアと対戦することが決まっていますので、サモアがどのようなプレーをするのか、また、バーバリアンズが得意とするハイテンポでどこからでも攻撃するプレースタイルを選手たちがどのように実践するのか、興味深く注目しています」

  • Line