ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/11

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年11月12日

全国大学選手権の関西出場枠1チーム増

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

1112日、「第 58 回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の大会概要および組み合わせが発表になった。注目点は、参加チームが例外的に合計 15 チームと、例年より1チーム増えたことだ。昨季、優勝した天理大学が所属する関西大学Aリーグが4チーム出場できることになった。

従来の大会規定では、関東大学対抗戦A、関東大学リーグ戦1部、関西大学Aリーグか3チームずつの出場枠があり、前年の決勝戦進出チームが所属するリーグが次年度は増枠されるシステムだった。残りの3チームは、九州学生リーグ1部1位、北海道・東北地区代表、東海・北陸・中国・四国地区代表。これを昨年の57回大会に照らせば、決勝戦は天理大対早大だったので、対抗戦と関西A4チームになり、関東リーグ戦は3チームということになる。

しかし、57回大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で出場を棄権したチームが生じた場合は、翌年の58回大会も57回大会と同じシード枠になるという規定があった。これに対しては関西リーグから不満の声が上がっていた。棄権した同志社大に代わって関西学院大が出場を準備したが、運営側の不備で出場できなかったことも不満を増幅させていた。

日本ラグビー協会の競技運営委員会大学大会部門会が検討を重ねた結果、当初の予定枠に前回大会優勝チーム所属リーグである関西大学Aリーグの1 枠を足し、3回戦の 1 試合を追加して開催することになった。関西大学Aリーグ4位は、地区代表と九州学生リーグの1位チームで行われる1回戦、2回戦を勝ち上がったチームと対戦することになる。

これは例外的な措置で、来シーズンは14チームに戻す予定だ。なお今大会は、有観客にて開催。1 回戦から 3 回戦までは無料試合、4 回戦以降は有料試合となる。

■日程・会場・キックオフ時間

開催日 キックオフ時間 試合会場

1 回戦 2021 11 21 日(日) 1200 パロマ瑞穂ラグビー場 愛知

2 回戦 2021 11 28 日(日) 1300 博多の森陸上競技場 福岡

3 回戦 2021 12 12 日(日) 1300 東大阪市花園ラグビー場 大阪

4 回戦 2021 12 18 日(土)

調整中(2 試合) 秩父宮ラグビー場 東京

調整中(2 試合) 東大阪市花園ラグビー場 大阪

・準々決勝 2021 12 26 日(日)

調整中(2 試合) 秩父宮ラグビー場 東京

調整中(2 試合) 熊谷ラグビー場 埼玉

・準決勝 2022 1 2 日(日) 調整中(2 試合) 調整中

・決勝 2022 1 9 日(日) 調整中(1 試合) 調整中

2021-11-12 (2).png

  • Line