ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/10

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年10月28日

ディアンズ追加召集&ラグマガ12月号発売中

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2021-12.jpg

1028日、日本代表奥州遠征メンバーに、流通経済大柏高校から東芝ブレイブルーパス東京入りした、LOワーナー・ディアンズ(身長202㎝、体重122㎏、19歳)が追加召集された。大戸裕矢(静岡ブルーレヴズ)の怪我のためだ。また、FW第三列の小澤直輝(東京サントリーサンゴリアス)も離脱した。ディアンズは日本代表待望の2m超のLOとして期待される逸材。中学2年から日本で生活しており日本語も堪能だ。訪れたチャンスをつかみ、一気に初キャップ獲得となるかどうか注目だ。

そのディアンズ選手のことも記事があるラグビーマガジン12月号が発売中だ。今回は、毎月25日の発売日をずらして、23日の日本代表対オーストラリア代表のレポートを入れている。表紙も、オーストラリア戦のピーター・ラブスカフニだ。リーグONEの連載は、クボタスピアーズ船橋・東京ベイ。運営の先頭に立つ石川充GMが語っている。2020シーズンは、来場者アンケートをとり、お客さんの居住地、性別、年齢、観戦歴など全体像をつかんだという。どんな施策を考えているのかは誌面をご覧ください。

「人物往来」は、引退した小野晃征さん、スポーツマネージメント会社で選手たちのサポートに回っていくという。もう一人は、静岡ブルーレヴズのアシスタントコーチとなった有賀剛さん。みんな、次のステージに向かっている。大学ラグビー特集は今が旬の選手が次々に登場する。「解体心書」は、埼玉パナソニックワイルドナイツのクレイグ・ミラー。「私が最初にジャパンの刺激を受けたのは、2018年のサンウルブズです」。サンウルブズが残してくれたものの一つというわけだ。サンウルブズの良さも語ってくれている。

このほか、女子15人制日本代表情報、男子日本代表が対戦するポルトガルの情報も。ラグマガで情報をチェックしてから11月からのラグビーシーンを楽しみたい。

  • Line