ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/09

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年09月26日

ラグビーマガジン11月号の表紙はリーチ選手と池崎選手

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2021-11.jpg

ラグビーマガジン202111月号、ただいま発売中。

僕が編集部にいた頃から、24年も経ってる! 

表紙は、リーチ マイケル選手と、車いすラグビー日本代表の池崎大輔選手。2人の対談「ともにサクラを。」、めちゃくちゃ良い内容です。池崎選手「ただトレーニングするだけではなく、限界を超えてからが、トップアスリートにとってトレーニングだと思っています。自分で壁や限界を作る選手は、ついてこられない、、、」の言葉に、刺激を受けるリーチ選手。必読です。

リーグONEの各チームの動きも活発化。豊田自動織機シャトルズ愛知と静岡ブルーレヴズのマッチレポート。コベルコ神戸スティーラーズに移籍した山本幸輝選手と具智元選手の対談も。新たなチャレンジを楽しそうに語っている。シャイニングアークス東京ベイ浦安、リコーブラックラムズ東京が目指す形も興味深い。「これまでの企業スポーツの在り方のままでは生き残れない」。

4月末に廃部が発表されたコカ・コーラレッドスパークスの選手がアメリカンフットボールへ挑戦する情報もあり。

巻頭特集は「大学ラグビー2021出港!」。近畿大学の天理大学勝利は詳しく書かれていて、天理高校出身で近畿大学のキャプテンを務める福山竜斗選手は「4年の時に本気で天理大を倒そう」とずっと言い続けてきたそう。大学ラグビーは、これからが面白くなってくる。

詳しくは誌面で、ぜひ。

  • Line