ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/05

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年05月10日

日本代表、アイルランド代表と対戦決定(7月3日)

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20210510.jpg

日本代表が73日、アイルランドのダブリンで、アイルランド代表と対戦することが決まった。626日のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦(於:スコットランド)後にアイルランドへ移動して試合に臨むことになる。藤井雄一郎・日本代表ナショナルチームディレクターは、以前の記者会見で、日本での試合を模索し、無理な場合は海外での試合も考えるという趣旨の話をしていた。

現状、日本国内で試合をするのも、海外からチームを呼ぶのも簡単ではない。日本代表の強化を考えれば、6月、7月の間に最低でも3試合はしたいところ。ライオンズに選出されているアイルランド代表選手8人はいないが、PRキアン・ヒーリー、CTBギャリー・リングローズらの主力はライオンズに選出されておらず、けっして弱いチームが相手ではない。この試合はキャップ対象試合として行われる。日本代表にとっては、2023年のラグビーワールドカップ(RWC)に向かって、貴重な強化の機会になる。※写真は、2019年RWCのもの。筆者撮影。

世界のラグビーを統括するワールドラグビーは、日本の試合も含めて7月の国際試合のスケジュールを発表した。それによれば、上位30カ国の協会のうち25協会の代表チームが7月のテストマッチに参加。アルゼンチン、日本、アメリカ、カナダが英国およびアイルランドに遠征する。covid-19の落ち着いているニュージーランドでは、オセアニア地区1枠を決めるサモア対トンガのプレーオフが2試合行われ、ラグビーワールドカップ2023の予選通過最初のチームが決定する。勝った方が日本代表のプールに入る。

■藤井 雄一郎 日本代表ナショナルチームディレクター コメント

「コロナ禍での久しぶりのテストマッチに、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに続いて、強豪のアイルランド代表と対戦できますことを、チーム全員喜んでおります。関係者の方々のご尽力に心より感謝申し上げます。7月のシーズンに日本のファンの皆様の前で試合ができないことは大変残念でありますが、試合に臨めることに感謝し、しっかりと強化して戦ってまいります。アイルランド代表は日本代表にリベンジするために、相当な覚悟で準備してくるものと思われます。日本代表は更にタイトなワンチームとなってアイルランド代表に挑みます。引き続きラグビー日本代表を応援くださいますようお願いいたします」

日程:202173日(土) 日本代表 vs アイルランド代表

会場:Aviva Stadium (ダブリン)

※キックオフ時間は未定

<日本代表 vs アイルランド代表過去の対戦成績>

1985526 ●13-48 日本・長居球技場

198562 ●15-33 日本・秩父宮ラグビー場

1991109 ●16-32 アイルランド・ダブリン(RWC1991

1995531 ●28-50 南アフリカ・ブルームフォンテーン(RWC1995

20001111 ●9-78 アイルランド・ダブリン

2005612 ●12-44 日本・長居球技場

2005619 ●18-47 日本・秩父宮ラグビー場

2017617 ●22-50 日本・エコパスタジアム

2017624 ●13-35 日本・味の素スタジアム

2019928日 〇19-12 日本・エコパスタジアム(RWC2019

※アイルランドはアイルランド XV(キャップ非対象チーム)として出場

  • Line