ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/03

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年03月10日

女子ラグビーワールドカップ、来年に延期へ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2021年は女子ラグビーワールドカップがニュージーランドで開催されることになっていた(9 18 日~10 16 日)。女子15人制日本代表(サクラフィフティーン)もそれに向かって強化中だったのだが、大会が正式に延期になることが発表された。正式には大会名称は「女子」はつけない。「ラグビーワールドカップ2021」(Rugby World Cup 2021)。

延期の方向性は先に公表されていて、日本代表選手たちも226日~34日に和歌山で行われていた合宿中に知らされたという。ここを目標に心身ともに整えてきて、半年前に延期が決まるのは落胆が大きいだろう。選手たちの何名からツイッターなどで率直な思いをつづっている。山本実選手は、最初はネガティブ思考になったものの、徐々に気持ちを前向きに持って行くところを素直に書いている。

そして、ワールドラグビーからの「延期勧告は、来年のラグビーワールドカップをプレーヤーやファン、またラグビーファミリーにとって史上最も素晴らしい大会の一つにするための勧告であることを保証します」というメッセージを紹介し、こう続けている。

「せっかく開催するならば、ワールドカップに参加する国がしっかりと準備する環境と時間を設け、観客も入れて、参加チームもラグビーファンも最高に楽しめる大会にするとのことです。(略)いただいた準備期間でより成長し、最高のワールドカップで最高の輝きを放つチームの一員になりたいと思います。私はもう前を向いています。今一瞬に向き合い、過ごしていくのみです」

延期された大会は、2022 年にニュージーランド(オークランド、ワンガレイ)で開催することが正式決定した。今回の決定に関する日本ラグビー会長および女子日本代表ヘッドコーチのコメントは以下の通り。

■コメント

日本ラグビーフットボール協会 森重隆会長

「新型コロナウイルス感染症の影響によりラグビーワールドカップ 2021 の延期が決定いたしましたが、ワールドカップへの出場権を獲得し、そして本大会で最高のパフォーマンスを発揮するという当協会の目標に、変わりはございません。今回の延期は、世界のトップチームに最高の舞台を用意するために判断された延期であり、サクラフィフティーンには現状を前向きに受け止め、さらなる成長の機会として、着実に歩みを進めていってほしいと思います。日頃からチーム、選手をサポートいただいている関係者の皆様におかれましては、サクラフィフティーンの活躍に引き続きご注目・ご期待いただきたくお願い申し上げます」

女子日本代表 レスリー・マッケンジーヘッドコーチ

「ワールドカップが来年に延期されたというニュースが届いた時が、合宿の最中だったことは幸運だと捉えています。互いに支え合い、その場で次のステージに向けたビジョンの再構築を始めることができたので、一緒にいられたのは素晴らしいことでした。参加する全ての国に、さらなる準備の期間が与えられるというのは、より大会が公平な土俵となることを意味します。よって、来年の大会で披露されるラグビーの質は今より高いものとなっていることでしょう。これは、喜ぶべきことです。代表チームの選手やスタッフが、延期という出来事を障害ではなく機会だと捉えてくれると大いに信じています。個人的には、この『ボーナスイヤー』を得られたことを嬉しく思い、そしてこの1年があることによりこのチームで様々なことを達成していけるのをとても楽しみにしています」

  • Line