ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/03

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年03月23日

トップリーグ2021のこと&トークライブのお知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2021-05.jpg

ラグビーマガジン5月号は、325日発売。表紙はTJ・ペレナラ。そりゃ、そうですな。これほどトップリーグにフィットした選手が、かつていただろうかという活躍ぶり。まだまだ彼のプレーが見られるだけで幸せな気分になる。

ラグビートップリーグ2021は、雷によって延期された2試合が320日、21日に行われて、第4節のすべての試合が終了。僕はJSPORTSでサントリーサンゴリアス対東芝ブレイブルーパスの試合を解説したのだが、思わぬ大差となった。サントリーにはスピードとパワーを兼ね備えたランナーが増えた。それを、SH流大、SOボーデン・バレット、CTB中村亮土が操る。これは、強い。もちろん、パナソニック ワイルドナイツ、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、クボタスピアーズ、トヨタ自動車ヴェルブリッツも4戦全勝で質の高いプレーをしている。他のチームもこれから調子を上げてくるだろうし、本当に見逃せない戦いが続く。

そんな激闘が続く中、ラグビーワールドカップ2019の日本代表アマナキ・レレイ・マフィがNTTコミュニケーションズシャイニングアークスを退団し、キヤノンイーグルスに入団するという。今季は選手登録をしていなかったので、キヤノンですぐに試合に出ることができる。コンディションが万全なら大きな戦力アップだろう。第4節で初勝利をあげたキヤノンも後半戦の注目チームの一つだ。

322日より25日まで、男子セブンズ日本代表候補が沖縄合宿を行う。全日程非公開で行われるが、オリンピックに向けてチームを仕上げていく段階だ。最終メンバーがどうなるかも興味深い。

さて、最後はお知らせ。久しぶりに、大阪本町のニュージーランドレストランMANUKAでトークライブを開催するので、ご興味のある方は以下をご覧ください。

【ラグビーナイト Supported by リポビタンD vol.2】

▼4月8日19時半~本町店にて開催

『今年初のマヌカ・ラグビーナイトは、大西将太郎さんがやってくる!』

好試合が続くトップリーグのこと、天理大学の優勝で活気づく関西ラグビーのこと語りたいことがいっぱいあるのに、コロナ禍では思うようにいきませんね。大阪本町のマヌカで今年初のラグビーナイトを開催します。今回は本町店でのリアル参加とウェビナー参加が選べるうえに、東京蔵前店のスクリーンでライブを楽しんでいただけます。そして、マヌカの美味しい料理とワインの宅配サービスもあり。48日の夜、ラグビー仲間で繋がって大西将太郎さんと村上晃一さんのラグビートークを楽しみませんか? 

https://manuka-nzl.com/shopbrand/rugby/

  • Line