ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/02

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年02月08日

大田尾竜彦さん、早稲田大学ラグビー部監督就任

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ootao.jpg

トップリーグ2021の開幕まで、あと2週間を切った。26日、7日はヨーロッパのシックスネーションズが無観客にて開幕した。スコットランドがイングランドの本拠地トゥイッケナムで1983年以来イングランドに勝利。姫野和樹選手が参戦するニュージーランドのスーパーラグビーは、226日(金)に開幕する。オープニングゲームは姫野選手が加入するハイランダーズが地元ダニーデンのフォーサイスバー・スタジアムでディフェンディングチャンピオンのクルセイダーズと対戦する。姫野は渡航して2週間は隔離生活を送るので、ここは間に合わない。

トップリーグのクボタスピアーズのピーター・ラブスカフニ選手がRWC2019の功績が称えられ千葉県知事特別賞を受賞した。チーム広報によれば、本来は昨年授賞式をするはずが、新型コロナウィルスの影響で先延ばしになり、いざ表彰式が決まったところ今回の緊急事態宣言で表彰式も中止になったという。

ピーター"ラピース"ラブスカフニ選手からの声。「このような賞をいただいたことに大変恐縮するとともに、感激し、とても光栄に思います。言葉では言い表せないくらい嬉しいです。みなさんの愛と応援に感謝します」

そして、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロのレジェンドであり、今季は、コーチングコーディネーターに就任していた大田尾竜彦さんが、早稲田大学ラグビー蹴球部の新監督に就任することが、27日、発表になった。202141日より正式就任となる。大田尾さんのことは、佐賀工業高校で全国高校大会に出場してきたとき、JSPORTSの中継でフィールド上でインタビューしたことがある。実はその時、大田尾さんは歯が折れていたのだが、ノーサイドまでプレーし、インタビューも笑顔で答えていた。タフな選手がと思った記憶がある。理論派であり、おおらかな性格でも知られる大田尾さん、いいチームを作りそうな気がする。新キャプテンはCTB長田智希選手、副キャプテンはPR小林賢太選手の就任が決まっている。

<大田尾竜彦さんプロフィール>生年月日:1982131日生まれ。ポジション:スタンドオフ。佐賀工業高等学校早稲田大学ヤマハ発動機ジュビロ。日本代表キャップ数7。2018年現役引退。以降、ヤマハ発動機ジュビロのバックスコーチ、アタックコーチ、コーチングコーディネーターを歴任。

<大田尾竜彦さんのコメント>「早稲田大学ラグビー蹴球部の監督という重責に身の引き締まる思いと同時に、環境を整えていただいたヤマハ発動機の皆様に深く感謝しております。学生たちと共に日本一奪還にむけて全力で取り組んでいきます」

※写真はJSPORTSで2019年のラグビーワールドカップの関連番組に出演したときの大田尾さん

  • Line