ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/02

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年02月26日

NTTドコモ、楠本陸人君入団式

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

rikuto1.jpg

2021226日、大阪南港のNTTドコモレッドハリケーンズのクラブハウスで新入団記者会見が行われた。入団したのは楠本陸人(くすもと・りくと)君(7歳、小学1年生)。小さな新メンバーは温かな拍手に迎えられて、ちょこんと登壇者の真ん中に座った。愛らしい表情に報道陣の頬も緩む。今回の入団は、NPO法人Being ALIVE Japanを通じて実現した。

Being ALIVE Japanは、代表を務める北野華子さんが学童期に長期治療生活を送った経験から、慢性疾患のある子供たちが目標や希望、憧れであふれる子供時代を送ってほしいという思いで設立した。その活動のひとつが、スポーツチームとのマッチング事業「TEAMMATES」だ。アスリートやスポーツチームとともに、子供たちの療養生活を支え、応援しようとしている。

201711月に第一弾として男子プロバスケットボールクラブ「アルバルク東京」への入団が実現。その後、アメリカンフットボールのチームや慶應義塾体育会野球部などでも実現し、NTTドコモレッドハリケーンズは10チーム目。ラグビー界では初のことだ。契約は2シーズン。下沖正博GMが、Being ALIVE Japanの理念に感銘を受け、申し出たもの。「彼の活動によって彼自身に希望を与え、周囲も元気をもらうといったことが実現できればと思っています。これからNTTドコモレッドハリケーンズの一員として活動する陸人君のことを温かく見守っていただければと思います」(下沖GM)。

陸人君は、小児慢性疾患で入退院を繰り返しながら治療・療養を続けている。記者会見では、契約書へのサインもあり、堂々と下沖GMと契約書を交換し、背番号入りのジャージを贈られた。背番号は自分の誕生日の「28」を希望したという。「選手になれた気分でした。(チームメイトからは)リクトと呼ばれたいです。パスとトライができるようになりたいです」。

ラグビーはこれまで見たことがなかったそうだが、トップリーグ開幕戦を観戦し、逆転勝ちが嬉しかった様子。活動は月1回か2回程度を予定している。第2節からさっそくチームの一員として選手をサポートする。大阪長居のヤンマーフィールドでの試合だが、下沖GMとともに選手のバスを出迎え、ノンメンバーと一緒に観戦するという。報道陣から「明日は、どんな応援がしたいですか?」と問われると、「みんなで一緒に笑って終わりたいです」と話した。

緊張することなく堂々と話す陸人君を見て、父・亮介さん(43歳)は、「ここまで緊張せずに話せると思っていなかったので、びっくりしています」とコメント。3歳から治療・療養を続ける息子の成長を喜んでいた。「このような活動を通じて自信をもってくれたら嬉しいです。今までたくさんの人に助けてもらったから、陸人が周りの人を助けていければ」。Being ALIVE Japanの北野代表は、「スポーツ選手は、子供たちにとって、前向きなロールモデルです」と話す。家族にとってもスポーツという共通の話題ができ、一丸となってチームを応援することもできる。将来はプロのスポーツ選手になりたいと夢を語る子も出てきているようだ。

レッドハリケーンズのチームスローガンは、PLAY TO INSPIRE. 「トップリーグトップ8入りを目指し、レッドハリケーンズに関わる、すべての人々・存在に対して、選手・スタッフ一人ひとりが、良い影響を与え続けるチームとなる」と説明されている。もちろん、選手たちの奮闘は陸人君に前向きな影響を与えるだろう。しかし、陸人君からチームや選手が得るもののほうが大きい気がする。史上初のトップ8入りへ、レッドハリケーンズはともに戦ってくれる心強いメンバーを迎えた。

rikuto2.jpg

写真は、左から歓迎の言葉を述べた王子拓也選手、下沖GM、楠本陸人君、北野華子代表

  • Line