ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/12

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年12月31日

坂田好弘さん、ニュージーランド・メリット勲章を受章

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

sakata.jpg

20201231日、とても嬉しいニュースが飛び込んできた。日本ラグビーフットボール協会顧問(会長特別補佐)で元日本代表WTB坂田好弘さんが、ニュージーランド政府より、ニュージーランド・メリット勲章(New Zealand Order of Merit)を受章することが発表されたのだ。

僕の大学の恩師でもあり、本も書かせていただいたので、すぐにご連絡した。現地の朝8時に発表があったようで、ニュージーランドの友人からメールや電話で祝福の声が次々に届いているそうだ。ニュージーランドに住む日本人が少なかった1969年、単身ニュージーランドへラグビーの武者修行に出かけ、カンタベリー州代表、ニュージーランド学生代表に上り詰めた。以降も日本とニュージーランドのラグビー交流に尽力してきた。1969年にホームステイし、何かと面倒を見てくれたキャンベルご夫妻(故人)の息子さんから「両親も喜んでいるでしょう」とメッセージが届いたそうだ。ニュージーランド人であれば、「Sir(サー)」が付く名誉で、日本人では6人目で、日本のスポーツ界では初とのこと。

https://dpmc.govt.nz/publications/new-year-honours-list-2021

▼以下プレスリリースの内容とご本人コメント

ニュージーランド・メリット勲章は、1996530日にニュージーランド女王エリザベス2世により創設された、国王とニュージーランド国民に対し、すべての領域で賞賛に値する卓越した努力、能力と貢献を示した人物へ授与される勲章で、日本人の受章は坂田氏で6人目となります。

今回の受章は、長年ラグビーを通したニュージーランドと日本との発展・交流に大きく貢献したことが評価されたもので、坂田氏は外国籍ですので名誉受章者(Honorary Members)として授与されることになり、勲章の授与式は来年春ごろの予定となっています。

▼坂田好弘氏からのコメント:

このたび、ニュージーランド政府より、「メリット勲章名誉受章者」に選ばれた報告を受け大変驚きました。

私はメリット勲章についての知識がなく、この勲章について調べましたが、非常に名誉なものであり日本人の私が受賞できることに、心からの喜びと誇りを感じました。

選ばれた理由は、NZと日本の関係発展に貢献したことが認められたもので、具体的にはラグビーを通じてのものです。

私がNZラグビーに最初に出会ったのは、196412月、カンタベリー大学ラグビークラブが日本に遠征し対戦した時です。試合後のアフターマッチファンクションでの交流で、選手たちの純粋で素晴らしい人柄に触れ、このような人たちが住むNZに興味を抱きました。

1966年には、カンタベリー大学ラグビークラブの招待で、日本の大学チームの一員としてNZへ遠征しました。その際、ホームステイをしながら試合を転戦しましたが、NZの人たちの親切で心温まるおもてなしを受け、ますますNZに対して興味を持つようになりました。

その後、1968年には日本代表チームとしてNZに遠征し、1969年にはカンタベリー大学ラグビークラブで1シーズンプレーをしました。このことで、NZとのつながりを広げることができ、ラグビーを通じて多くの友人を得、益々関係が深まり、NZは私にとって第二の故郷と感じられる国となりました。

今回、NZ功労勲章名誉受賞者に選ばれたことは、私にとって大変名誉なことであると同時に、日本ラグビーにとっても名誉なことで大変感謝しております。

ただし、この栄誉はラグビーを通じてのものであり、私がラグビーに出会うことがなければこの受賞はなかったと思います。

改めてラグビーとの出会いに感謝すると共に、私を支えてくれた全ての人たちに感謝いたします。世界が困難な状況ではありますが、引き続き、日本とNZ両国の友好関係の発展に尽力してまいります。本当にありがとうございました。

The New Zealand Order of Merit to be awarded to Japanese rugby legend, Yoshihiro (Demi) Sakata who is the advisor of Japan Rugby Football Union.

It was announced today that Yoshihiro Sakata will be awarded the New Zealand Order of Merit by the New Zealand Government on 31 December 2020 and in the New Year's Honours List for 2021.

https://dpmc.govt.nz/publications/new-year-honours-list-2021

The New Zealand Order of Merit was established by Her Majesty Queen Elizabeth II on 30 May 1996 and is awarded to individuals who have demonstrated outstanding effort, ability and contribution to the Crown and people of New Zealand in all areas of admirable achievement.

Comment from Yoshihiro (Demi) Sakata

"I was surprised to hear from the New Zealand Government that I have been selected as an honorary recipient of the Order of Merit. I must admit I was not familiar with the Order of Merit, so I needed to do some research about it. I was astonished to discover the significance and meaning behind the award.

It was a great pleasure and extraordinary privilege to receive this honour, and needless to say I am also very happy and proud. I am told that I was chosen in recognition of my contribution to the development of the relationship between NZ and Japan.

On a personal level, my relationship with NZ has been through the sport of rugby. In December 1964, the University of Canterbury Rugby Football Club traveled from NZ to play in Japan, my first encounter with NZ rugby. During the after-match function, I was impressed by the genuine warmth and wonderful personalities of the NZ players, and became very interested in NZ.

In 1966, I was invited by the University of Canterbury RFC to travel to NZ and play as a member of the university team. In 1968, I toured with the Japanese national team, and in 1969, I was able to play a full season with the University of Canterbury Rugby Football Club. I have been so fortunate that through these experiences, my personal connection to NZ expanded, and through rugby I have made many lifelong friends. As my relationships with people in NZ grew stronger and stronger, NZ became my second home.

Being selected as an Honorary Recipient of the NZ Order of Merit is not only a great honour for me, but also a great honour for Japanese rugby, for which I am very grateful. This honour has come to me through rugby, and I do not think I could have ever received it if I had not been introduced to this great sport. I am grateful to rugby and to all the people who have supported my efforts and journey. Even though the world currently faces a difficult situation, I would like to continue to strengthen the friendly and cooperative relationship between Japan and NZ. Thank you very much and stay safe everyone."

  • Line