ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/09

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年09月15日

今年の日本代表戦は開催されず。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ラグビー日本代表の今年の試合はなくなった。僕はこの結論は当然だと感じている。ラグビーは準備不足で試合をするのは危険だし、組織力で戦う日本代表は特に準備に時間がかかる。日本の選手は3月にトップリーグが中断されて以降試合をしていない。各チームがようやくチーム練習を段階的に再開している状況だ。

日本代表の試合がないと、せっかくラグビーに関心をもってくれた人たちが離れていくという心配もあるが、日本だけではなく、各国代表もマッチメークには苦労しており、例年のような南北半球の交流はできない。ニュージーランド、オーストラリアなど国内のリーグを成功させた国を見ていると焦りが出るのも理解できるが、日本の場合は選手達たちが質の高いパフォーマンスができるまで時間をかけたほうが賢明だろう。

14日、オンラインで会見した日本ラグビー協会の岩渕専務理事は「日本代表の活動ができるのが一番良いの分かっています。ギリギリまで調整しましたが、必要最低限の準備ができないという結論にいたりました」と語った。ニュージーランドやオーストラリアでの開催、欧州8ネーションズへの参加などを検討したが、コロナ禍で出入国の壁があること、日本の選手が3月から試合をしていないことで準備にそれ相応の時間がかかることなどで断念した。

「ジェイミー・ジョセフヘッドコーチとは、何度も話し合いました。昨年のラグビーワールドカップ(RWC)であれだけの活躍をしたチームですので、ティア1と呼ばれるチームとどうやって対戦できるか模索していました。ただ、そのようなチームと対戦するには十分な準備をしなくてはいけません」(岩渕専務理事)。ジョセフHCはこう語った。「ラグビーの試合ができないことは、選手の気持ち、ファンの皆さんの気持ちを考えると残念です。ポジティブな面をあげれば、昨年のRWCまでタイトな日々を過ごした選手が、いったん立ち止まって一息つけることでしょう。リーチのように手術をしてリカバリーをしている選手もおり、選手の安全を第一に考えて下した結論は正しかったと思っています」

今後もコロナ次第のところがあるが、来年の6、7月あたりに「ファンの皆さんにわくわくしてもらえるような試合を組みたい」(岩渕専務理事)という。ジョセフHCは「トップリーグを注意深く見ていきたい」と話した。「新しい選手を探すことも大事ですが、一方でRWCの経験も大切。2023年(RWCフランス大会)に向けては半分くらい新しい選手であってもいいかもしれませんね。そうしないと選手層の厚みが出てきません。負傷者が出ても、すぐに代わりの選手がいるという状況に2023年には持って行きたいです」。

トップリーグは20211月の開幕が見込まれているので、今後、各チームの準備が本格化する。そして、1月~5月までリーグを戦い、日本代表が選出され、6月、7月に代表戦。オリンピックを経て、秋の代表戦があり、その後、新リーグに移行するのがベストの流れだろう。しかし、それも新型コロナウイルス感染症がどうなるかにかかっている。

現在の日本代表のターゲットは2023年のRWCフランス大会。2019年にベスト8に入ったことで選手たちのモチベーションは高く保たれるだろう。今後のマッチメークについて、8ネーションズの参加を見送ったことで影響はないのか、という報道陣からの質問に対して、岩渕専務理事は「今後の関係性に影響を与えることはない、ということで話はしています」と説明した。日本代表戦が待ち遠しいが、まずは、国内の高校、大学、トップリーグなど、各カテゴリーの試合が開催され、ラグビーを楽しむ環境が整えることが先だろう。

今週末の919日は、オーストラリアのスーパーラグビーAUが、いよいよ決勝戦を迎える。ブランビーズ対レッズ。面白い試合になりそうだ。

そして、920は、RWC日本大会の開幕から一年になる。

丸の内15丁目PROJECT特別企画!オンラインイベント開催決定ということで、僕はこのイベントに参加予定。お楽しみに。

https://www.marunouchi.com/event/detail/25405/

  • Line