ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年05月31日

大野均さん、on-lineノーサイドライブで「生涯ロック宣言」

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20200530-1.jpg

530日の夜は、高田馬場ノーサイドクラブ主催の「オンライン・ノーサイドライブ」で司会をした。ゲストは引退を発表したばかりの大野均さん。定員の90名は受付開始まもなく満席になった。今回は、引退後初のトークライブとはいえ、いつもと違うライブにしたくて、チャットで参加者の皆さんの質問を受けながら進行した。

参加者の皆さんのイメージを聞くアンケートでは「大野均さんに似合う職業は?」で、1位=居酒屋の大将、2位=俳優。ご本人に聞いてみると「東芝の話が出る前は消防士になりたくて、あと地元の企業でエンジニアで内定をもらっていました」とのこと。「大野さんに似合う女性は?」では、事前に大野さんに好きな女優さんの名前を聞いて並べてみたのだが、1位=稲森いずみさんという結果に。本人は一番好きなのは、松たか子さんとのこと。ドラマを見て好きになったとか。そんな他愛のない話がとても楽しかった。

大野さんは「灰になってもまだ燃える」が信条。なぜ、そこまで全力を出し切れるのか聞いてみたくて、少年時代の話を振ってみた。大好きなおばあちゃんがお土産に買ってきてくれたカレンダー(サイコロ状になっていて、毎日動かして月日、曜日を合わせるもの)を毎日合わせていたり、新聞配達をしたり。そんな話を聞くと「それが自分の役割なので」と、役割を与えられたら、それを全うするのが当然だと話した。「新聞配達をしたのが大きかったと思います。自分が休んだら、みなさんのところに新聞が届かないじゃないですか」。使命感に燃え、中学、高校と新聞配達を休まなかったという。

どうして新聞配達を始めたのですか? 「母に勧められました。地域で新聞配達をしている人が高齢になり、そろそろ誰かに任せたいという話を聞いて、うちの息子が中学1年生になりますからやります、と言ったみたいです」。それを引き受け、責任を感じてやり抜いた。のちの名ロック大野均は子供のころから抜群の責任感を持っていたのだ。なにより優しいのである。

「ロックは一番技術のいらないポジション」という持論も面白い。「根性でなんとかなります」。「娘に結婚してほしいのは、HO(フッカー)の選手」というのも興味深い。「フッカーは良い人が多いです。東芝の湯原祐希、日本代表の堀江翔太、サントリーの青さん(青木佑輔)。「プロップは我が強い人も多い。そんなFWをまとめていく感じで」。たしかに!

最後は参加者の皆さんが直接質問できるコーナーがあったのだが、いきなり、引退した大野さんに「いつまでロックをやりますか?」という哲学的な質問があった。すると、しばらく考えた大野さんは「死ぬまでロックをやります」と答えた。さすがに大野均である。生涯ロック宣言。かっこいい。

イベントの締めくくりは、大野さんの「今こそ、ワンチーム!」。指がまっすぐ伸びないのは激闘をくぐり抜けてきた日本代表最多キャップ保持者の勲章である。

20200530-2.jpg

20200530-3.jpg

  • Line