ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年05月14日

若い才能を見逃さない。『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクト始動

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

シーズン途中で中断となったトップリーグの次シーズンは、来年1月からの開幕になりそうで、その前にカップ戦などできるかとかが未知数の状態。そんな中でも来季に向けてのチームの編成は行われており、次々に引退選手が発表になっている。

きょうは、クボタスピアーズから退団選手の発表があった。高校、大学時代から活躍を見てきた選手が引退するのはなんとも寂しいものだ。もちろん、現役を引退せず場所を変える選手もいる。南アフリカ代表のフェルミューレンも退団。もう少しトップリーグでプレーを見たかったのだが。

▼2019年度退団選手

伊藤有司(在籍10年)、稲橋良太(在籍9年)、四至本侑城(在籍9年)、田中健太(在籍9年)、新関世志輝(在籍8年)、古賀太貴(在籍7年)、萩澤正太(在籍7年)、川向瑛(在籍3年)、孫昇己(在籍2年)、ドウェイン・フェルミューレン(在籍2年)

新型コロナウイルスの影響で、ラグビー界も各種大会が中止になった。中学、高校生レベルで懸念されているのは、パフォーマンスを披露する場がなく、才能が埋もれてしまうということだ。特に高校3年生は、春の大会のプレーぶりが進学に直結する。そこで、日本ラグビー協会でタレント発掘にあたる野澤武史さんが立ち上がった。

『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクトは、大学やトップリーグのリクルーターが有能な高校生など若い選手のプレーを見る機会を増やそうという試み。以下のような手順で有能な選手を広く紹介していく。

①高校3年生のプレー動画集を作成する。

②「#ラグビーを止めるな2020」をつけてTwitter上にその動画をアップする。

③ このプロジェクトの理念に賛同する現役選手、大学関係者、メディア(ジャーナリスト、ライター他)がその動画をリツイートする(すでに廣瀬俊朗さんをはじめ、多くの現役選手も賛同している)。

詳しくは、ラグビーリパブリックに書かれているので、ぜひご一読を。

https://rugby-rp.com/2020/05/14/domestic/50785

追記◎僕の自宅のある京都は本日快晴。緑と青空をお届けします。

20200514.jpg

20200514-2.jpg

20200514-1.jpg

  • Line