ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年01月17日

福岡堅樹選手、セブンズ日本代表トレーニングスコッド入り

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

明日はトップリーグ第2節。最近、トップリーグの魅力についていろんなメディアの方から質問されることが多くなった。ラグビーワールドカップで活躍した日本代表選手が各チームに散って、質の高いパフォーマンスを見せてくれること、世界の一流選手がこれでもかと来日してレベルを上げていることなどを話している。日本のさまざまなスポーツのトップリーグの歴史上でも、これほどそのスポーツの中の超一流選手が多数所属するのは例がないだろう。見て損はありませんね。

さて、本日、日本ラグビー協会から「男子セブンズ日本代表トレーニングスコッドの追加を決定」というプレスリリースがあった。 ついに、福岡堅樹がスコッド入り。福岡は124日(金)~126日(日)まで実施する男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)熊谷合宿にも参加する。いよいよ、東京オリンピックに向けての強化も最終段階だが、最終メンバー争いも激しさを増すということだ。

■男子セブンズ日本代表トレーニングスコッド 追加メンバー

ジョー・カマナ(マツダブルーズーマーズ)ティモ・スフィア(朝日大学)、 カヴァイア・タギベダウア(白鷗大学)、 フィシプナ・トゥイアキ(セコムラガッツ)、ソシセニ・トコキオ(豊田自動織機シャトルズ)福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ)

スーパーラグビーに参戦するサンウルブズの「シーズンスコッド」とは別に「トレーングスコッド」について次々に新たな選手が発表されている。大学生では最初に「シーズンスコッド」として齋藤直人(早稲田大学)、シオサイア・フィフィタ(天理大学)が発表されたが、その後、トレニーニングスコッドとして、流通経済大学のイノケ・ブルア、慶應義塾大学の原田衛、明治大学の箸本龍雅、雲山弘貴、安昌豪らの名前が発表されている。若い選手たちがスーパーラグビーレベルのトレーニングを積み、チャンスをつかめば試合に出る可能性もあるというのは、将来の日本代表の強化を考えれば貴重な機会だ。サンウルブズは今季限りでスーパーラグビーから離れることが決まっている。この機会を大切にしてほしいと願う。

  • Line