ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年01月24日

ラグビーマガジン3月号の表紙は齋藤直人

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2020-03.jpg

きょうは、125日発売のラグビーマガジン3月号の紹介。表紙は、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズのSH齋藤直人選手。早稲田大学ラグビー蹴球部キャプテンとして、11年ぶりの学生日本一を達成し、「荒ぶる」(第二部歌)をリード。多くのラグビーファンを感動させてサンウルブズへ。盛り上げてくれますね。

ラグビーワールドカップの盛り上がりで、ラグビーマガジンの売り上げも好調とのこと。睡眠時間を削ってまでいろんな企画をしてくれる編集部に感謝。今号の巻頭記事は「トモさん、ありがとう!」。119日の引退試合の写真もふんだんに掲載されている。トップリーグの試合レポートの後は、早稲田大学、明治大学の監督、選手のインタビュー。大学選手権のレポート。各全国大会の紹介も。

中学生の全国大会は、福岡県代表が決勝戦で大阪府スクール代表に勝利して日本一に輝いている。2年連続6回目の優勝。女子の部でも九州北部代表が東京都女子代表に勝って初優勝。この選手たちの2年後、3年後、花園でプレーを見るのが楽しみだ。こうして永遠にラグビーを見続けることになる(笑)。

日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事のコラムには、トップリーグの運営についてチェックしている様子がわかる。ファンの皆さんが感じているような不満は理解しているようなので、着実に手を打ってくれることを期待する。すでに決まっていたイングランドとの2試合、アイルランド、スコットランドの各代表に加えて、ウェールズとの対戦も決まった。ホームユニオンと呼ばれる伝統国と1年ですべて対戦する。過去の日本ラグビーでは考えられなかったことが起きている。すべては「日本ラグビーのため」。

今号の付録は「スーパーラグビー2020 完全ガイド」。これでスーパーラグビーの楽しみが倍増。ワラターズのロブ・ペニー(元NTTコミュニケーションズ・ヘッドコーチ)、ブルーズにレオン・マクドナルド(かつてヤマハ発動機、近鉄でプレー)ら日本と縁のあるコーチに、元ウェールズ代表ヘッドコーチのウォーレン・ガットランドが出身地のチーフスのヘッドコーチに就任など、各チームのヘッドコーチ欄を見ているだけで楽しい。開幕は、131日、日本のサンウルブズは、21日、福岡のレベルファイブスタジアムで開幕戦を迎える。

superrugby20-2 (002).jpg

  • Line