ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年08月11日

神戸製鋼、耐火レンガ持参でトップリーグカップ優勝

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

8月10日は東大阪市花園ラグビー場でトップリーグカップ決勝戦の解説(JSPORTS)だった。その前に、日本代表はアメリカ代表に3420で勝ち、全勝でパシフィックネーションズカップ優勝を決めた。しかし、簡単に反則を犯したり、ミスでボールを失ったり。反則数はアメリカの倍以上で課題は多かった。選手がそのあたりを冷静に受け止めているのが良いところか。

20190810-1.jpg

トップリーグカップの決勝は神戸製鋼コベルコスティーラーズとクボタスピアーズとの対戦。立ち上がり、クボタが攻め込んだが、神戸製鋼FLマット・バンリーベンの強烈なタックルでボールをこぼしてチャンスを逸した。前半11分、神戸製鋼はWTB山下楽平のトライで先制すると、16分、SOヘイデン・パーカーのパスにCTBナイジェル・アーウォンが走り込んでゴールラインに迫り、タックルされながらのパスを受けたPR山下裕史がトライ。対するクボタは、相手のパスを叩き落とす「デリバレイト・ノックオン」の反則を繰り返すなど苦しい戦いになっていく。

前半19分には、パーカーのインゴールへのグラバーキック(地面を転がるキック)に山下楽平が走り込んでトライ。山下は33分にもラインアウトから出てきたボールをキャッチすると、タックラーを一人、二人とかわして、この日3トライ目を決めた。最終スコアは、437。ボール争奪戦で激しく戦い、ショートパスの連続でボールを動かして前進する神戸製鋼スタイルが機能しての快勝だった。

クボタの青木祐樹キャプテンは、「神戸製鋼のボールキャリアーに対してダブルタックルで対応するプランでしたが、接点で前に出られ、クイックでボールを出されたことで後手に回ってしまいました」と敗因を語った。一方、神戸製鋼のアンドリュー・エリスキャプテンは、「メンバー全員が毎日成長したいと思い、練習に取り組んできた結果です」とメンバーのハードワークを称えた。

また、チームと会社のカルチャーを理解することの重要性を改めて強調。この日は、30度を超える暑さだったが、選手たちは高炉の耐火レンガを持参していた。「溶鉱炉で働く人々は、高い温度の中で戦っています。我々も30度以上の気温の中で戦うことを楽しんでいこうをしました」(エリス)。

これでトップリーグの各チームはいったんオフ。そして、20101月に開幕するトップリーグに向けて、チームそれぞれの調整に入る。

■決勝戦 810日試合結果

◇東大阪市 花園ラグビー場

神戸製鋼コベルコスティーラーズ◯437●クボタスピアーズ

  • Line