ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年08月10日

ラグビー愛好日記トークライブほか怒涛の一週間備忘録

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190809-1.jpg

きょうは、パシフィックネーションズカップ「日本代表対アメリカ代表」、トップリーグカップ決勝「神戸製鋼コベルコスティーラーズ対クボタスピアーズ」、ザ・ラグビーチャンピオンシップ「オーストラリア対ニュージーランド」などあって、時間が足りない。ラグビーワールドカップ(RWC)の話題では、ファンゾーンの全国16会場、開催日などが発表された。チケットがなくても、RWCを楽しめるので、ぜひチェックしてください。

https://www.rugbyworldcup.com/news/439994

85日からの一週間の備忘録。5日の月曜日は、日本スポーツ学会の長田渚左さんに声をかけてもらい、八丁堀で行われたジャーナリスト座談会に参加。長田さんの司会のサポートをしながら、永田洋光さん、生島淳さん、大友信彦さん、玉木正之さんというベテランのジャーナリストとラグビーワールドカップについて語り合った。みなさん心配性なのが面白い。2015年のRWC以前と以降のファンで、日本代表に対する見方がまったく違うという話になって、生島さんが「我々BC世代は、、、」と、紀元前と紀元後に分けて、大笑いのトークになった。

20190809-2.jpg

6日は、JSPORTSのラグビーワールドカップ応援番組「スクラム組もうぜ」の生放送。こちらは、RWC開幕前までは週間番組になった。ジャーナリスト座談会のコーナーがあり、プールAでスコットランドの評価が高いのが面白かった。来週はプールB、どんな予想か乞うご期待。

https://www.jsports.co.jp/search/program/?genre=03

7日は、早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校で「ラグビー観戦基礎知識」の講義に臨んだ。2016年からコツコツやってきて、史上最高の80名満員となりRWC前のラグビーへの関心度の高まりを実感。RWC基礎知識を話した後は、国歌で世界中の人をおもてなしする「スクラムユニゾン」に賛同して、「勝手にスクラムユニゾン」も実施。ゴッド・セイブ・ザ・クイーンを大合唱した。講義後に有志に参加していただいたのだが、皆さんカメラ目線で面白い。

8日は、久しぶりに本ブログの名を冠した「ラグビー愛好日記トークライブ」を渋谷で開催。ラグビー愛好日記トークライブは2006年から始まった。僕のトークライブの原点であり、これまでゲストで来てもらった皆さんに集まってもらった。会場は定員を超える60名のお客さんで熱気むんむん。冒頭の写真の通り、小林深緑郎さん、生島淳さん、藤島大さん、田村一博さん(ラグビーマガジン編集長)とRWCを予想。それぞれにプチ情報も出してくれて楽しい時間だった。藤島さんの「新たな王者が出るとしたら、ラグビーの歴史からみてウェールズ、フランス」というのは印象的だった。

9日は、福岡県に移動。ソラリア西鉄ホテルにて「糺の森財団・下鴨神社崇敬会九州本部設立記念フォーラム」。森喜朗さん、森重隆さん、坂田好弘さん、竹下景子さん、新木直人宮司をパネリストに、進行役をさせてもらった。西日本新聞社の告知効果もあって、300名超の会場は満席。ラグビーと下鴨神社の関係や、RWCへの期待感などについて語ったが、ラグビー憲章にある「品位」の話になって、それぞれが体験した2015年の南アフリカ戦勝利後のエピソードは興味深かった。

森喜朗さんは現場で南アフリカのラグビー協会の会長と隣同士で観戦していた。勝利後、握手をしようと思ったら、その会長が席を立ってしまった。しばらくして手紙が来た。「私は自分の態度を恥じています。大変申し訳ない。必ず日本大会に行きますので一緒に観戦しましょう」という趣旨が書かれていたという。日本ラグビー協会の新会長になった森重隆さんも現場にいて、観戦後、祝杯をあげるためにレストランへ。そこに南アフリカのサポーターがいた。何か言われるのかと思ったら「おめでとう」とビールを注いでくれたという。勝っても負けても潔く、健闘を称え合う。そんな雰囲気が日本大会でも見られるだろう。

さあ、きょうも試合を楽しみましょう。

20190809-3.jpg

  • Line