ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/07

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年07月15日

チャレンジJ9&スクラムユニゾン・コラボ企画大成功

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190711-1.jpg

711日の夜は、九段下の洋館・九段ハウスで、チャレンジJ9と、スクラムユニゾンのコラボ企画「ラグビーとALSのおはなし」を開催した。これは、九段ハウスで恒例になった「ラグビーと、ビジネスのおはなし。」のスピンオフ企画。難病ALSの治療法研究の支援のための寄付を募る「チャレンジJ9」と、ラグビーワールドカップにやってくる人たちを各チームのラグビーアンセムを歌っておもてなししようという「スクラムユニゾン」の共同企画だった。

チャレンジJ9の発起人の一人であり、スクラムユニゾンのヘッドコーチ廣瀬俊朗さんも、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の撮影後に駆け付けてくれて、大いに盛り上がった。

20190711-5.jpg

トークセッションのゲストは、田中安人さん(吉野家チーフマーケティングオフィサー)、江田雄太さん(キリンシティ社長)、重松大輔さん(スペースマーケット社長)、高田晋作さん(三菱地所ラグビーワールドカップ2019プロジェクト推進室統括)、このイベントの主催者である株式会社NI-WAの吉川稔社長、そして、最後に現れた2mの元神戸製鋼ロックは、在日英国商工会議所のデヴィッド・ビックル会頭。僕が進行させてもらい、ALSについては、チャレンジJ9の発起人の一人である井手口直子先生が解説してくれた。

ビジネスの世界でも成功する人たちが組織論を語ったが、適材適所でそれぞれの役割を果たすあたりは、ラグビーそのもの。スクラムユニゾンは、南アフリカ、イングランドのラグビーアンセムを、村田匠さん、田中美里さんのリードで大合唱。ビックルさんはもちろんだが、多くのお客さんがイングランド国歌を普通に歌っていて驚かされた。

20190711-2.jpg

チャレンジJ9のチャリティーイベントはラグビーワールドカップが終了するまで数回開催予定なので、今回参加できなかった皆さんもぜひご参加いただければ。そして、スクラムユニゾンの活動はどんどん広がっている。

20190711-3.jpg

ふと、想像してみる。RWCプール戦屈指の好カードである「ニュージーランド対南アフリカ」(9月21日、横浜スタジアム)で、7万人の観衆が両国の国歌を大合唱する。歌っているのは、大半が日本の人々だ。両国のサポーターは驚き、感動するだろう。それはRWC史上初の出来事として記録される。そんなふうになったら嬉しいな。スクラムユニゾン、応援しよう。

最後の写真は、チャレンジJ9発起人。廣瀬俊朗さん、井手口直子さん、稲澤裕子さん、村上晃一。

チャレンジJ9

https://www.challengej9.net/

スクラムユニゾン

https://www.facebook.com/scrumunison/

  • Line