ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/06

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年06月30日

堀江恭佑&ディネスバラン・クリシュナン、ノーサイドトークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190629.jpg

トップリーグカップ20192節が行われた629日の夜、高田馬場ノーサイドクラブで「第66回ノーサイドライブ」の進行役をした。ゲストはこの日、栗田工業ウォーターガッシュを4012で破った日野レッドドルフィンズの堀江恭佑、ディネスバラン(デューク)・クリシュナンの両選手だった。ともにヤマハ発動機ジュビロからの移籍である。堀江選手は怪我から復帰直前でこの日は出場しなかったが、クリシュナン選手は活躍した。

2人はヤマハの同期。なぜ移籍を決めたのかを聞いてみる。すると、互いに示し合わせただけではなく、たまたまそうなったと言う。堀江選手は東京の出身で、ヤマハで最後までプレーするというイメージはなかった。昨年、そろそろ新しいチームでプレーしたいという気持ちを清宮克幸監督に伝えた。「そこで、清宮さんから俺も辞めることになるという話を聞きました。長い時間話し合いました。清宮さんは、僕にとってどうするのが一番ハッピーなのかを考えてくれました」。結局、急成長中のチームに魅力を感じ、大学時代の監督だった細谷直さん(日野レッドドルフィンズGM兼監督)、大学の同期の染山選手もいて、キャプテンとして尊敬する佐々木隆道選手、村田毅選手のいる日野に決めたという。

一方、クリシュナン選手はヤマハのトライアウトを受けて入団した。「一年目は試合に出られませんでした。普通のチームだったらクビだったでしょう。しかし、清宮監督は毎日のように一対一のミーティングをしてくれて、ラグビーを教えてくれました。私をラグビー選手にしてくれたのは清宮さんです」。清宮さんは怖かったですか? 「最初の2年間は怖かったです。そのあと、尊敬に代わりました」。もし、清宮さんが監督にとどまっていたら移籍しましたか?「移籍するとは、言い出せなかったでしょう(笑)」

クリシュナン選手になぜ日本に来たのか聞いてみた。すると「アジアのラグビー選手にとって日本でプロでプレーするのは夢なのです。すべてをかなぐり捨てて日本に来ました。死ぬか生きるかの想いでラグビーに取り組んでいます」と語った。堀江選手は当時デューク選手がヤマハのグラウンドに初めて来た時のことを覚えていた。「トライアウトに選手が来るのは珍しくないのですが、めちゃくちゃ大きい選手がいて驚きました」。堀江選手がクリシュナン選手のことで印象に残っているのは、2017年のパナソニックワイルドナイツ戦だという。「福岡選手とハイボールを競い合ったとき、デュークが体勢を崩して、バキッ!という音がしたんです」。腕の骨折だった。クリシュナン選手にとって痛い思い出かと思ったら「ラグビー選手にとって怪我はハードにプレーした証拠だから、誇りでもありました」と言った。マレーシアの若い選手の模範になり、夢を与えようと奮闘するクリシュナン選手だからこその想いだろう。

堀江選手にカップ戦の目標を聞いてみた。「目標はベスト4。(来年1月からの)トップリーグでは最低でもトップ8に入るためにハードワークしてます」。お客さんからの質問で、クリシュナン選手が最初に覚えた日本語というのがあった。答えは「いらっしゃいませ」だったのだが、ヤマハの長谷川慎コーチに教えられたという日本語「オレの言うことを聞いていれば、だいたい大丈夫」が流暢すぎて笑った。ヤマハのグラウンドに来た学生などに、チームを代表して何か言う時にクリシュナン選手が指名されることが多く、そんなときの決め台詞のようだ。面白い。ラグビーに対して真摯に向き合う2人の清々しいトークライブだった。

  • Line