ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/06

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年06月19日

竹内克さん、大阪マヌカ・ラグビーナイトで講演

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190618-2.jpg

618日の夜は、大阪本町のニュージーランドレストラン「MANUKA」で第18回目のラグビーナイトだった。ゲストは、NTTドコモレッドハリケーンズの竹内克アシスタントコーチ。竹内さんは『ニュージーランドラグビーが教えてくれた「人間力」の高め方』(ベースボール・マガジン社)を上梓したばかり。三重県の高校卒業後の1992年、単身ニュージーランドへ渡り、ウェリントン郊外のクラブでプレー。その後コーチングの道に入り、昨年帰国するまで約25年、ラグビー王国のコーチングメソッドを学び、実際に現場でも指導にあたってきた人だ。

その一つ一つの言葉に説得力があった。「英語がまったくわからない状態」から、語学学校に入り、日本人の誰もいない町を探して住み、地元のクラブでプレーした。コーチになったときは「なんで、こんな小さな日本人に俺のラグビー人生を預けなければいけないんだと思われていたと思います。実際に、選手がなかなか来てくれないこともありました。でも、彼らをリスペクトし、一人一人に合った練習時間、方法を考えているうちに、彼らもリスペクトしてくれるようになりました。コーチは選手をリスペクトしなくてはいけない。コーチがリスペクトするから、選手もコーチをリスペクトするようになるのです」。

「アンストラクチャー」からの攻撃が得意なニュージーランドの選手たちについては、「ニュージーランドは普段の生活もアンストラクチャーです。きっちりとした計画は立てない。朝の天気を見て、何をするか決め、どんどん予定を変更していきます」と話した。映像でアンストラクチャーからトライを取るシーンを見せてくれて、「彼らは我慢してアンストラクチャーの状況を待っています。そして、アンストラクチャーになった瞬間、クリックと言って、10秒間とにかく動き続ける。ターンオーバーして終わりじゃないんです。そこから10秒に勝負をかける。それを楽しんでいるのです」と説明した。

最新の選手の立ち位置などを戦術的なこともホワイトボードで解説してくれて、勉強になるトークライブだった。ニュージーランドラグビーの考え方については、竹内さんの著書に詳しく書かれているので、そちらをぜひお読みいただければ。

美味しいニュージーランド料理を楽しみながらの懇親会のあとは、プレゼントタイム。竹内さん持参のプレゼントの中に、竹内さんは所属したノースRFCの帽子があった。「JC6」という刺繍がある。元オールブラックスでヤマハ発動機でもプレー経験のあるジェリー・コリンズ(2015年交通事故で死去)のイニシャルと背番号だ。「彼はノースの一員でした。1996年にスーパーラグビーが始まったとき、若い選手たちは、クルセイダーズでプレーしたい、俺はハリケーンズなどと話していた。その時も彼だけはノースと言っていました。オールブラックスに選ばれた後も、試合の翌日は本当は試合をしてはいけないのに、彼はノースにやってきて、3軍の試合に出るのです。俺はノースの仲間とプレーがしたいんだと言って。その姿を見ていい選手がノースに入るようになりました。そして、ウェリントンのクラブ選手権で優勝するまでになりました。今のオールブラックスでいえば、TJ・ペレナラです。時間があればクラブに来てくれます」

竹内さんのサイン色紙もプレゼントにしたのだが、そこには、「Today is a gift」と記されていた。「Yesterday is history,tomorrow is mystery,today is gift」。きのうは、帰ることのできない歴史である。あしたは、だれにもわからないミステリーである。だから、きょうを全力で生きよう」という意味だ。最後まで、刺激を受けるトークライブだった。 最後に竹内さんは、「NZのハリケーンズのようなラグビーをしたいと思います」と、NTTドコモレッドハリケーンズの新シーズンについて語った。トップリーグカップを見る楽しみが一つ増えた。

20190618-3.jpg

★次回のラグビーナイトは、正面健司選手がゲストです★

▼MANUKAラグビーナイト

7月17日は正面健司

近鉄ライナーズへ移籍して現役続行

充実のプレーヤー人生を語る!

7月のラグビーナイトは、近鉄ライナーズの正面健司選手の登場です。昨季まで神戸製鋼コベルコスティーラーズで活躍し、新天地を求めて移籍先を探し、決まったのが地元の近鉄ライナーズでした。正面選手といえば、東海大仰星高校1年生の時に衝撃の独走トライを決めて日本一に貢献。同志社大学からトヨタ自動車に進み、2009年から神戸製鋼に移籍してプレーしてきました。現役続行に意欲を見せていた正面選手の近況、今季の近鉄ライナーズについてなど、たっぷり伺いましょう!

日時:2019717日(水)受付:19:00

トークライブ=19:3020:30、食事&懇親会=20:3021:30

司会:村上晃一(ラグビージャーナリスト)

ゲスト:正面健司(近鉄ライナーズ)

会場:The Dish and Grocery MANUKA

住所:大阪市中央区本町4-4-5ナカノビル1

※地下鉄御堂筋線「本町駅」8番出口より徒歩3

参加費:4,500円(料理、ワンドリンク、おつまみ付き)

定員:46

ご予約:メールにて。info@manuka-nzl.com〔担当:坂本〕

※申し込みフォームは以下のサイトにあります。

http://blog.manuka-nzl.com/?page_id=213

お問合せ:Tel 06-6226-7782 平⽇11~6pm お席は限りがございますのでお早めに!

  • Line