ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/05

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年05月05日

第20回サニックスワールドラグビーユース交流大会は、南アフリカの高校が優勝

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

54日、5日は福岡県宗像市のグローバルアリーナに行っていた。恒例のサニックスワールドラグビーユース交流大会は、今年で20回目。単独高校の唯一の国際大会として注目されるトーナメントだ。海外から8校、日本から8校の計16チームが、4チームずつに分かれて一次リーグを戦い、順位ごとのトーナメントに進み、すべての順位を決定する。全チームが同じ試合数をこなすのだ。世界中の高校生が一堂に介して宿泊し、食事し、試合をする。近年は女子セブンズの部もできて、より華やかになっている。

例年通り、JSPORTSでダイジェスト番組を放送するので、進行役の谷口廣明さんと現地の様子を取材した。428日に開幕した大会は、女子の部で福岡レディースが優勝。男子では大阪桐蔭、京都成章、桐蔭学園がベスト8入りした。桐蔭学園は大阪桐蔭に勝って、日本勢で唯一ベスト4に進出。4日に行われた準決勝でも、ニュージーランド(NZ)のセントピーターズカレッジと接戦を繰り広げ、ゴールラインを背負ってのピンチで素早く戻ってラックを乗り越えてボールを奪うなど、ブレイクダウンの強さも相変わらず。1317で惜敗したが、今年の高校ラグビー界で桐蔭学園は頭一つ抜けた存在と言えるだろう。京都成章も準々決勝でセントピーターズカレッジに529で敗れた。しかし、今年の京都成章は190㎝以上の選手が3人おり、いつになく大型。冬に向けて楽しみなチームの一つだ。

20190505-1.jpg

5日の決勝戦は、セントピーターズカレッジと南アフリカのポールルースジムナジウムという南半球対決になった。国歌斉唱に始まり、テストマッチさながらの雰囲気での戦いは、規律正しく動き続けたポールルースジムナジウムが次第に点差を広げ、525で快勝した。ポールルースジムナジウムのSOカイデ・ウォルターは難しい角度のプレースキックを次々に決め、ハーフウェイライン付近からもドロップゴールを狙うなど、格違いのプレーを披露した。スーパーラグビーのストーマーズに入る予定だという。こういう選手を見ておけるのも、この大会の価値だ。3位決定戦は桐蔭学園がオーストラリアのウェバリーカレッジを、4019で下した。

ポールルースジムナジウムは、2015年大会に続いて2度目の優勝。この時に出場していたのが、現在、南アフリカ代表スプリングボクスで活躍するSOダミアン・ヴィレムセだ。2016年は南アフリカのグレンウッドハイスクール、2017年はフランスのリセ ボルデバッス、2018年はフィジーのラトゥ カダヴレヴスクールが優勝。NZ勢2014年のハミルトンボーイズ以来、優勝から遠ざかっている。

20190505-2.jpg

写真は優勝したポールルースジムナジウム、敗れたもののサポーターにハカを披露するセントピーターズカレッジ。そして、最後の写真は優勝したポールルースジムナジウムのライノ・コンブリンク監督、ルーベン・ラブスカフニ主将にインタビューする谷口さん。

20190505-3.jpg

取材したことはダイジェスト番組で語りたい。放送は、525日(土)、正午からJSPORTS1にて(リピートあり)。京都成章の190㎝トリオや大阪桐蔭の江良颯選手、桐蔭学園の亀井健人選手ら注目選手に話を聞いているので、ぜひご覧ください。

  • Line